子育て情報『双子ママの料理研究家が教える「子どもが食べてくれる」4つの味付け・調理法『楽しく食べる子に変わる本』』

2021年11月28日 06:35

双子ママの料理研究家が教える「子どもが食べてくれる」4つの味付け・調理法『楽しく食べる子に変わる本』

<<連載『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』の他の記事も読む>>

子どもが好む味つけ・調理法を見つける

目次

・子どもが好む味つけ・調理法を見つける
・【ポイント1】カレーやマヨネーズで味つけする
・【ポイント2】とろみをつけて食べやすく
・【ポイント3】熱してやわらかくする
・【ポイント4】油でえぐみをとる
・書籍『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』について
・上田淳子さんのプロフィール
3528155 m

【ポイント1】カレーやマヨネーズで味つけする

たいていの子どもは、カレー味が大好き。溶けるチーズをのせて焼いたものならなんでも食べるという子もいます。マヨネーズ、ケチャップをかければ嫌いなものでも食べるという子もいます。

すべての食べ物をその味にするというのは、お母さんとしては心が痛むかもしれません。しかし、苦手なものは大目に見て、その食材を食べるため、ということを主に考えましょう。

子どもの、「この味なら食べる」という調味料や味つけを見つけておきましょう。調理法も重要です。煮物は食べなくても、同じ食材を焼いたり揚げたりしたら食べた、ということはありませんか?ホイルで包焼きにする、チーズをのせて焦げ目をつけるなど、ちょっとしたことで食べられるようになる場合もあるので、いろいろ研究してみてください。

【ポイント2】とろみをつけて食べやすく

飲み込むのが苦手だった息子も、片栗粉でとろみのついた中華丼ならもりもり食べた、という話をしました。
パサパサしがちな肉や魚、繊維が気になって飲み込みづらいものなどには、とろみを利用しましょう。

なんでも餃子の皮に包んで水餃子風にするのもオススメです。ひき肉のつぶつぶ感が嫌いという子でも、皮ごとつるっと食べるようになります。

【ポイント3】熱してやわらかくする

繊維が気になって噛みづらい、飲み込みづらいことから、野菜は敬遠されがちです。また、生臭さをいやがる子も多いようです。

たとえばニンジンは、小さく刻んで隠すより、大きく切って、油で中まで火が通るようにじっくり焼くと、案外食べてくれます。油で焼くことで甘みが増し、味もマイルドになります。
トマトも、軽く焼いて熱を通すと甘みが増します。生野菜は「青臭くてイヤ」という子も喜んで食べます。
ピーマンも大きめに切ったほうが苦みが出ません。さらにじっくり火を通すことでやわらかくなり、甘みが出てきます。

【ポイント4】油でえぐみをとる

子どもに限らず、野菜のえぐみや青臭さがイヤ、という人は少なくありません。油は、野菜のえぐみをカバーしてくれます。ほうれん草は、おひたしにするよりバターで炒めるほうが、子どもも食べやすいのです。

(上田淳子『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』(日本文芸社)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.