子育て情報『料理研究家も実践! 「食卓劇場」でみるみる食べる子に!『楽しく食べる子に変わる本』』

2021年11月29日 06:35

料理研究家も実践! 「食卓劇場」でみるみる食べる子に!『楽しく食べる子に変わる本』

<<連載『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』の他の記事も読む>>

わが家は「食卓劇場」言葉がけがキモ

目次

・わが家は「食卓劇場」言葉がけがキモ
・【ポイント1】ほめポイントを見つけながら、「がんばったね!」
・【ポイント2】「好き嫌いが多い」より「食べ物を探検中なの」
・【ポイント3】「じゃーん!初めての食べもので〜す!」
・【ポイント4】ゲーム感覚で「よ〜いドン!」や「じゃんけんぽん」
・【ポイント5】命令形より「一緒に○○しよう」
・【ポイント6】「〜しかできない」ではなく「〜もできたんだ!」
・【ポイント7】「おいしい魔法をかけました〜!」
・【ポイント8】「ごはんさんが口の中に入りたがってるよ」
・【ポイント9】「いらないの?ラッキ〜!」
・【ポイント10】「すごいね!」より「ママは嬉しいな」
・まとめ
・書籍『うちの食べてくれない困ったちゃんが楽しく食べる子に変わる本』について
・上田淳子さんのプロフィール
511 m


毎日笑顏の絶えない食卓。それが私の夢でした。「え、そんなこと?」と笑われるかもしれませんが「毎日笑ってごちそうさまがいえること」が、私にとってはなにより大事な子育ての目標でした。
「うわ~、これおいし~~い!」「どう?ちょっと食べてみて!すっごくおいしいよ!」

大げさすぎるかな、と思うくらい食卓を盛り上げようと奮闘していました。まさに「食卓劇場」といっていいくらい。

食卓とは、みんなと一緒におしゃべりし、「おいしい、おいしい」といいながら楽しく食べる場だという刷り込みを、小さいうちにしたかったのです。

もちろん、そうなるまでには食べない子に悩んだり、お皿を投げられてキレそうになったり、たくさん失敗もしてきました。食卓を楽しくするためには「言葉がけ」がとても大事だと思います。ここでは言葉がけののポイントを紹介します。

【ポイント1】ほめポイントを見つけながら、「がんばったね!」

まず食卓を、子どもにとって楽しい場にしてあげましょう。
苦手なものが多い、食が細い子であっても「それだけしか食べないの?」と、食べないことを否定しないであげたい。「もっと食べなさい」と、無理強いしないであげたい。
ただし、応援はしてあげましょう。一口でも食べたら、
「うわ~、がんばったね!」
「昨日より、いっぱい食べられたね!」
と、いいところを見つけていっぱいほめてあげること。食べられなかったら、無理強いする代わりに、
「これってとってもおいしいのよ」
「ママも大好きなんだよ!」
とアピールする。それもひとつの応援です。お母さんにつられて食べてくれるかもしれません。
子どもの運動会で、わが子がこれから走ろうというときに、応援しない親はいません。
食事だって同じ。子どもなりに一生懸命食べようとしているのだから、お母さんはぜひ、一番の応援者であってほしいなと思います。

【ポイント2】「好き嫌いが多い」より「食べ物を探検中なの」

同じできごとでも、言い方ひとつで笑い話になったり悲しい話になったりするものです。どうせなら、笑っていられるほうがいい。ネガティブなことを口にしそうになったら、ポジティブな言葉に言い換えてみてはどうでしょう。
お母さんがよその大人に「うちの子は○○なの」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.