子育て情報『好奇心旺盛で表情豊かなタイプの子の特徴&声かけのコツ『わが子がやる気になる伝え方』』

2021年11月25日 07:50

好奇心旺盛で表情豊かなタイプの子の特徴&声かけのコツ『わが子がやる気になる伝え方』

<<連載『わが子がやる気になる伝え方』の他の記事も読む>>

ビジョンタイプの特徴

「やりたい!」という願望があると集中してがんばれるタイプです。自分の直感や感性に従って行動します。

将来性や可能性が大事

「おもしろそう」「楽しそう」「なんか好き」などの期待がもてるか、ピンとくるかが行動のカギです。自分が「やりたい!」と思ったら、どんなことでもできると信じて行動します。

臨機応変に行動する

急な変更にも、状況に合わせて対応できます。性格タイプ診断(→Vol.1)の質問②で、晩ごはんが変更になっても気にならないのはそのためです。

目次

・ビジョンタイプの特徴
・将来性や可能性が大事
・臨機応変に行動する
・主語がなく、話が飛びやすい
・うれしいほめ言葉は「すごい!」
・「すごい」「絶対」が口ぐせ
・感情が顔に出やすい
・【ビジョンタイプのケーススタディー 】部屋を片付けてほしい
・書籍『わが子がやる気になる伝え方~性格3タイプ別の声がけで自己肯定感が高くなる~』について
・稲場真由美さんのプロフィール
112857

主語がなく、話が飛びやすい

想像力が豊かで、頭の中に映像を浮かべながら話しています。その映像に対して「あれ、おもしろいよね」のように話すので、主語が抜けがちです。ひとつの話題から連想して別の映像が浮かぶので、話が飛びやすいです。

うれしいほめ言葉は「すごい!」

短く、リアクション大きく、抑揚をつけてほめられるとモチベーションが上がります。毎日でもほめられたいと思っています。まさしく、「ほめて伸びる子」です。

「すごい」「絶対」が口ぐせ

驚いたときや感心したときなど、どんなときでも「すごい!」と言います。そのすごさを「すごい!すごい!」と回数を重ねて表現します。「絶対」は「100%」ではなく、「とても」くらいの意味合いで使います。擬態語が多いのも特徴です。

感情が顔に出やすい

表情豊かで、リアクションも大きめです。うれしいときは「わぁ!うれしい!」、落ちこんだときは「ガーン」など、言葉でも感情を表します。じつはデリケートな一面もあります。

112951

【ビジョンタイプのケーススタディー 】部屋を片付けてほしい

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3


ビジョンの子は、「片付けなさい!」のように命令口調で言われるのが嫌いです。「はーい」と返事をしたとしても、モチベーションがわかないので動けません。「ToDoリストに加えただけ(=今やるとは限らない)」という感じです。ビジョンの子に動いてほしいと思ったら、命令口調ではなく、やわらかく伝えましょう。そして、「できたらすごいんだけどなぁ」と期待をこめて促し、少しでもやり始めたら、「すごーい!」「いい感じだね!」とほめてあげましょう。ビジョンの子には、とにかく期待をこめて促す「できたらすごい!作戦」が効果的なのです。

また、ビジョンの子は前日に翌日の準備をせず、当日の朝にしたくをする子が多い傾向にあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.