子育て情報『【医師監修】喘息? 肺炎? 幼児の咳をしているときの受診目安とホームケア5つ』

2020年3月29日 17:42

【医師監修】喘息? 肺炎? 幼児の咳をしているときの受診目安とホームケア5つ

また、最近の研究により、咳止め薬では十分に咳を止められないこともわかってきており、中枢性鎮咳薬は、胸の痛みや頭痛、肋骨の骨折などの合併症がある咳の場合に限って、薬による作用と副作用をよく考えて使用するというように方針が変わってきています。

そのため、咳で受診した際は、咳止めではなく、痰を出しやすくする薬を処方されることが多いようです。咳があるからと、自己判断で市販の咳止めを飲ませることも控えましょう。かえって症状を長引かせたり、重くする可能性があります。

ゼーゼーする咳は喘息?? 受診の目安は?

咳だけでなく、ゼーゼーと音がすると、喘息が心配になりますね。呼吸をするときにゼーゼー、ヒューヒュー、ゼロゼロなどと音がするのは、喘鳴(ぜんめい)と呼ばれる症状です。

1〜2歳の幼児では、気管支が細く痰がたまりやすいので、喘息でなくても喘鳴が起こりやすいそうです。
受診の目安は前述の「咳がひどいとき、受診するかどうかの目安」を参考にしてください。

咳が出ているときの食事、注意点は?

子供は咳き込むことで嘔吐し、吐いたものを気管に吸い込んでしまうことがあります。食事は咳が落ち着いているときに、少しずつ与えてください。

食事の内容は喉越しがよく、柔らかいものに。おかゆやうどん、スープなどが良いでしょう。柑橘類や冷たいもの、消化の悪いもの、水分が少なく飲み込みづらいものは控えてください。

まとめ

幼児の咳の多くは風邪の症状です。咳は夜にひどくなることがありますが、具合がひどく悪くなければ、ホームケアでできることをして様子を見ましょう。気管支炎や肺炎は、最初は風邪と同じ症状で見分けがつかないので、経過をしっかり見守って。咳の原因によっては呼吸困難になることもあるので、すぐに受診すべき症状が出たときは、夜間や休日でも速やかに受診してください。

(文:佐藤華奈子/監修:梁尚弘先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本呼吸器学会:咳嗽に関するガイドライン第 2 版 , p61, 63, 2016.
https://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/photos/1048.pdf
[*2]佐久医師会:子どもの病気・おうちケア はじめてBOOK, p34, 35, KADOKAWA, 2019.
[*3]American Academy of Pediatrics: Caring for Your Child’s Cold or Flu
https://www.healthychildren.org/English/safety-prevention/at-home/medication-safety/Pages/How-to-Manage-Colds-and-Flu.aspx

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.