子育て情報『【医師監修】妊娠超初期でも吐き気がすることはある? 原因と対策』

【医師監修】妊娠超初期でも吐き気がすることはある? 原因と対策

目次

・吐き気がする……これは妊娠?
・そもそも妊娠すると吐き気が出るのはなぜ?
・吐き気の症状が現われるのはいつから?
・吐き気を軽減する方法
・少しずつ食べる
・口に入れやすい食べ物を常備する
・ビタミンB6摂取を意識する
・吐き気がある=妊娠の可能性が高い?
・吐き気以外に出やすい妊娠初期症状
・妊娠すると出やすい症状
・兆候があれば妊娠検査薬で検査を
・まとめ
【医師監修】妊娠超初期でも吐き気がすることはある? 原因と対策
この記事の監修ドクター 産婦人科医太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

吐き気がする……これは妊娠?

471476727


妊娠すると「頭痛」「全身倦怠感(だるさ)」「眠気」などの症状が現われることがあります。しかし、これらの症状は生理前に起こる月経前症候群(PMS)の症状ととてもよく似ているため、妊娠による症状なのかどうかがわかりにくいこともしばしば。生理前の吐き気と妊娠は関係しているのでしょうか?

そもそも妊娠すると吐き気が出るのはなぜ?

妊娠の影響で、吐き気や気持ち悪さを感じるようになることは多いものです。

妊娠初期であれば「つわり」、中期以降であればつわり以外にも、大きくなる子宮によりお腹の中の圧力(腹圧)が上がったり、プロゲステロン(黄体ホルモン)の増加で胃と食道の間を閉じている下部食道括約筋がゆるんだりすることによる「胃の内容物の逆流(逆流性食道炎を含む)」などによって胸やけや吐き気が起こることもあります。

「つわり」は多くは妊娠初期に起こるもので、その原因は明らかとなっていませんが、急激なホルモンの変化、代謝の変化、精神的変化など、妊娠に伴う心身の変化によって生じる、おもに胃腸の症状のことを指します。

つわりの症状は多彩で個人差が大きいのですが、中でも吐き気や嘔吐(おうと)といった症状が現われることが多く、ほかに唾液の増加や食欲不振なども起こります。

吐き気の症状が現われるのはいつから?

一般的につわりの症状が現れはじめるのは妊娠5~6週ころと言われています[*1]。吐き気も同じころから感じるようになると考えられます。ちなみに妊娠4週は妊娠していなかったら次の生理が始まるころです。

しかし、つわりは症状だけでなく、感じる時期にも個人差が大きく、中には妊娠1ヶ月(妊娠3週まで)の俗に「妊娠超初期」と呼ばれるころに、なんらかの兆候を感じる人もいるようです。なお、つわりの症状の多くは一過性で、妊娠12~16週ころには自然に消滅するといわれています[*1]。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.