子育て情報『【医師監修】妊娠初期のおなかの張りは大丈夫? 起こる理由と注意したい症状』

【医師監修】妊娠初期のおなかの張りは大丈夫? 起こる理由と注意したい症状

目次

・そもそも妊娠中に「おなかが張る」ってどんなこと?
・おなかの張りは、子宮の筋肉の収縮などで起こる
・妊娠初期に、おなかの張りは必ず起こるもの?
・初期に起こる張りの多くは円靭帯が引っ張られることが原因
・妊娠中は便秘しやすいため、それが原因となる場合も
・妊娠初期におなかが張って心配なのはどんなとき?
・問題のあるのは、強い痛みと多量の出血
・まとめ
【医師監修】妊娠初期のおなかの張りは大丈夫? 起こる理由と注意したい症状
この記事の監修ドクター 産婦人科医太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

そもそも妊娠中に「おなかが張る」ってどんなこと?

1037536402


妊娠中は、「おなかが張る」という言葉をよく聞くようになります。それはいったいどんな感じで、何が起こっているのでしょうか。

おなかの張りは、子宮の筋肉の収縮などで起こる

赤ちゃんの居場所である子宮は、ほとんどが筋肉でできた袋状の器官です。この筋肉は外からの刺激で収縮しやすいと言われています。また、自律神経のほか、性ホルモンの影響でも収縮する特徴があるとされています。

「おなかの張り」を感じているときには、この子宮の筋肉が収縮して固くなっていることがあります。

ほかに、妊娠すると急激に子宮への血流が増え、筋肉の細胞が増殖・巨大化して子宮全体が伸びて広がりますが、このときに子宮を支える靭帯や膜が引っ張られて、おなかが「張る」感じがする場合もあります。

妊娠初期に、おなかの張りは必ず起こるもの?

おなかの張りやチクチクした感じはほとんどの人に起こります。生理的な子宮の収縮や、大きくなる子宮により靭帯や膜が引っ張られることは妊娠中、誰にでも起こりうることです。ただ、それを「張っている」と感じるかどうかは、人によって違います。

だから、もし妊娠初期に「おなかの張り」を感じても問題はありません。ただし、寝ていられないような痛みを感じる場合は異常です。すぐに医療機関に相談しましょう。

初期に起こる張りの多くは円靭帯が引っ張られることが原因

妊娠初期によく起こるのは、子宮を支える靭帯(円靭帯)が引っ張られることによるもので、太ももの付け根(鼠径部)に沿って片側または両側に痛みや違和感を覚えるというもの。長時間の立ちっぱなしだったり、歩いたりしたあとに起こりやすいのですが、安静にしていればよくなります。これは妊娠の経過とともに少なくなっていきます。

妊娠中は便秘しやすいため、それが原因となる場合も

おなかの張りというと、腸内のガスがたまって張る感じを想像するかもしれません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.