子育て情報『【医師監修】妊娠初期の頭痛はなぜ起こる?考えられる原因と対処法、注意すべき症状』

【医師監修】妊娠初期の頭痛はなぜ起こる?考えられる原因と対処法、注意すべき症状

目次

・【頭痛は妊娠初期症状の1つ?】
・ほとんどは「よくある頭痛」だが、命にかかわる頭痛も
・妊娠初期の頭痛のタイプ
・妊娠が関係している頭痛
・妊娠中に限らず起こる頭痛
・片頭痛
・緊張型頭痛
・その他
・まれに起こる「気をつけなければいけない頭痛」とは?
・妊娠期に頭痛を起こす疾患妊娠高血圧症候群
・危険な頭痛を見分けるポイント
・妊娠中の頭痛への対処法
・妊娠中の頭痛薬
・薬を飲まない対処法
・まとめ
【医師監修】妊娠初期の頭痛はなぜ起こる?考えられる原因と対処法、注意すべき症状
この記事の監修ドクター 産婦人科医太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

【頭痛は妊娠初期症状の1つ?】

73672815


実は、頭痛に悩む妊婦さんは少なくありません。その多くは、片頭痛や緊張型頭痛というタイプの頭痛です (頭痛のタイプについては後で詳しく解説します)。とくに妊娠初期の場合、つわりの症状の1つとして頭痛が現れることもあります。 また、妊娠していない時と同様に、妊娠中もかぜなどで体調を崩した時には頭痛が起きます 。

ほとんどは「よくある頭痛」だが、命にかかわる頭痛も

頭痛はありふれた症状で、大半は自然におさまります。しかし、中にはまれではあるものの、命にかかわる頭痛もあるということを知っておいてください。この点についても後で改めて解説します。

妊娠初期の頭痛のタイプ

妊娠初期に起きる頭痛には、「妊娠したことが関係して起きるもの」と、「妊娠する前からあった頭痛が妊娠中にも引き続いているもの」の2通りあります。

妊娠が関係している頭痛

101930225


・ホルモンバランスの変化
妊娠初期に起きる頭痛の原因としてまず考えられることは、急激なホルモンバランスの変化の影響です。

・不安やストレス
精神的な不安や緊張、ストレス、不眠が症状をより強くしている可能性も考えられます。

・つわり
つわりとの関係もあります。一般的につわりは妊娠初期の消化器症状を指すことが多いのですが、頭痛がより強く現れる人もいます。また、つわりのために食べ物を十分食べられず血糖値が低くなって、それが頭痛に関係していることも考えられます。

・体つきの変化
妊娠初期から少し進んで乳房やお腹が大きくなってくると、首・肩の負担が増えたり、姿勢が変わったりすることも頭痛に関与します。

・その他
妊娠によって起きる体の変化、例えば鼻づまりになりやすくなること、脱水傾向になることなども頭痛を起きやすくすると考えられます。また、妊娠前にカフェインをよく飲んでいた人が妊娠したことで摂取を控えると、それも頭痛の起きやすさに関係することがあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.