子育て情報『【医師監修】1歳2ヶ月の特徴は? 1人歩きができないのはおかしい?』

2020年1月23日 08:30

【医師監修】1歳2ヶ月の特徴は? 1人歩きができないのはおかしい?

目次

・1歳2ヶ月ってこんな時期
・1歳2ヶ月の身長・体重
・体重
・身長
・言葉が増えていく時期
・「指さし」の意味もだんだん変わってくる
・歩き始めが気になったら
・はいはいやつかまり立ちはできる時期
・ひとり歩きがまだでも大丈夫
・遊びで歩く力を促そう
・1歳2ヶ月ならではの悩み
・いたずら大好き!
・食のことで悩んだら
・好き嫌い
・遊び食べ
・丸飲み
・なかなか寝ない
・まとめ
【医師監修】1歳2ヶ月の特徴は? 1人歩きができないのはおかしい?
この記事の監修ドクター 梁尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

1歳2ヶ月ってこんな時期

460661921

1歳2ヶ月の身長・体重

毎月少しずつ背が伸び、体重が増えていく時期。このころの男の子と女の子の体重・身長の目安は次の通りです。

体重

・男の子8.02~11.51kg
・女の子7.46~10.90kg

身長

・男の子72.1~81.7cm
・女の子70.2~79.9cm

※ともに3~97パーセンタイル値[*1]

言葉が増えていく時期

1歳2ヶ月になると、だんだんと言葉が増えていきます。
このころには79.1%の子は、単語を言えるようになっているという報告があります[*1]。
さらに、意味なく単語を口にするだけでなく、意味のある単語を1語言える子も増えていきます。また、まだ少ないですが、パパ・ママ以外の言葉を3語話せるようになる子も見られるようになってきます[*2]。

とはいえ、まだスムーズに会話はできません。がんばって言葉を口にする様子を応援してあげてくださいね。

「指さし」の意味もだんだん変わってくる

生後10~11ヶ月のころは、横に人がいてもいなくても興味のあるものを指さすことがよくあります。成長とともに、この指さしの意味も変わってきます。

1歳2ヶ月ごろになると、自分のほしいものを取ってほしくて、要求を伝えるために指をさすようになります。また、自分が気になったものをママやパパに伝えて、一緒に見てほしくて指さすこともあります。

指さしを通して赤ちゃんの成長を感じながら、気持ちを汲み取ってあげてくださいね。

歩き始めが気になったら

879579072

はいはいやつかまり立ちはできる時期

1歳2ヶ月になると、ほとんどの子がはいはいやつかまり立ちをするようになります。はいはいができる子は全体の98.9%、つかまり立ちができる子は99.5%を占めるようになります。さらに、81.1%の子がひとり歩きもできるようになると報告されています[*1]。
中には上手に後ずさりして歩く子もいることでしょう。

まだ歩けない赤ちゃんも、自分で1歩踏み出してみたり、両手を上げて数歩歩く姿を見せてくれるようになってきます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.