子育て情報『【医師監修】1歳7ヶ月はイヤイヤ期の始まり? 特徴と育児のポイント』

2020年1月28日 17:20

【医師監修】1歳7ヶ月はイヤイヤ期の始まり? 特徴と育児のポイント

目次

・1歳7ヶ月ってこんな時期
・1歳7ヶ月の身長・体重
・体重
・身長
・おもちゃを使った遊びがますます上手に
・言葉や身振りでコミュニケーションします
・イヤイヤ期もスタート
・なぜイヤイヤ期が来るの?
・いつまで続くの?
・どうやって対処する?
・1歳7ヶ月のお世話のコツ
・ひと手間かけて食べやすく
・叱らずやる気を見守ろう
・遊んで楽しく触れ合おう
・体を使った遊び
・ごっこ遊び
・指を使う遊び
・ことば、関わり
・まとめ
【医師監修】1歳7ヶ月はイヤイヤ期の始まり? 特徴と育児のポイント
この記事の監修ドクター 梁尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

1歳7ヶ月ってこんな時期

1095782676

1歳7ヶ月の身長・体重

まずはますます大きく育ってきた、1歳7ヶ月の子供たちの体重と身長の目安を見てみましょう。

体重

・男の子8.86~12.71kg
・女の子8.20~11.99kg

身長

・男の子76.5~86.9cm
・女の子74.8~85.3cm

※ともに3~97パーセンタイル値[*1]

おもちゃを使った遊びがますます上手に

目と手を使って遊ぶのがさらに上手になってきます。
2つの積み木を積み重ねることができますし、中には4つの積み木をバランスを取りながら、高く積み上げられる子もいることでしょう。

この時期になると、指先で小さなものをつまんで、ビンから出したり入れたりするのもスムーズにできるようになってきます。そのため、中には幼児向けの簡単な型はめ遊びやパズルに喜ぶ子もいるかもしれません。ただし、誤飲しそうな小さいおもちゃは避けてくださいね。

言葉や身振りでコミュニケーションします

厚生労働省の調査によると、1歳6ヶ月の子供の94.7%は単語を言うことができます[*1]。パパ、ママ以外に3語しゃべる子は過半数となり、絵を見て何の絵か答えられる子も出てきます。

言葉とともに身ぶりも使ってコミュニケーションを取ろうとするようになります。
自分が気になったものがあると、指差してママやパパに反応してもらおうとするようになるのです。1人でいても興味があると指差したり、取ってほしいものを指差していた以前よりも一歩進んだ指差しと言えます。

また、1歳6ヶ月ごろになると、2つの絵を見せられて「犬はどっち?」などと聞かれると正しい方を指差して答えられるようにもなります。
相手の視線や振り向く動作、指差しを見て、相手が何に注目しているのかわかって一緒に反応できるようになるのもこのころです。だんだん増えていく言葉と仕草で、子供が伝えたいことを理解したり、子供に伝えたりしながらやり取りを楽しみたいですね。

イヤイヤ期もスタート

658619395

なぜイヤイヤ期が来るの?

遊びやコミュニケーションが豊かになっていく一方で、このころから「もしかしてイヤイヤ期!?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.