子育て情報『【医師監修】1歳10ヶ月の成長目安とお世話のポイント。言葉が遅いときの対応は?』

2020年1月29日 19:28

【医師監修】1歳10ヶ月の成長目安とお世話のポイント。言葉が遅いときの対応は?

目次

・1歳10ヶ月ってこんな時期
・1歳10ヶ月の身長・体重
・ますます自我が強くなり、かんしゃくを起すことも
・1歳10ヶ月のお世話の注意点
・きちんと歯みがきの習慣をつけよう
・予防接種、全部終わっているか確認して
・言葉の発達が遅いときは
・そもそもいつまでに話し出すことが多い?
・言葉を促すためにできることは?
・まとめ
【医師監修】1歳10ヶ月の成長目安とお世話のポイント。言葉が遅いときの対応は?
この記事の監修ドクター 梁尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

1歳10ヶ月ってこんな時期

173384226


ますますイヤイヤが増え、ママを困らせることも。また、犬歯が生えて乳歯がだいぶ生えそろうころです。

1歳10ヶ月の身長・体重

厚生労働省の「平成22年乳幼児身体発育調査」によると、1歳10ヶ月ごろの身長の目安は、身長は男の子78.9〜89.8cm(中央値84.2cm)、女の子77.5〜88.4cm(中央値82.9cm)です。

体重は男の子9.36kg〜13.45 kg (平均11.09 kg)、女の子8.64 kg〜12.67 kg(平均10.46 kg)です(身長・体重いずれも3~97パーセンタイル値)[*1]。

ますます自我が強くなり、かんしゃくを起すことも

872845012


大人の指示や提案に「いや」「だめ」ということが増えます。これは、自我が芽生え、「自分でやりたい」「自分で決めたい」という意思があるけれど、言葉でうまく表現できない、ということの現れです。イライラしてかんしゃくを起こすことも増えます。

かんしゃくがおさまらない時は、話題を変えたり、好きな遊びに誘うなどして気分を変えるといいでしょう。それでもおさまらなければ、しばらく見守るのも手です。また、「◯◯したかったんだね」「〇〇が嫌だったんだね」と気持ちを代弁してあげると、納得しやすくなるでしょう。

1歳10ヶ月のお世話の注意点

532290311


乳歯がだいぶ生えそろうので、歯みがきの習慣をしっかりつけておきたい時期です。また、予防接種の接種推奨期間が1歳11ヶ月までのものが多いので、接種もれがないか確認を。

きちんと歯みがきの習慣をつけよう

このころには上下の前歯や犬歯が生え、第2乳臼歯(奥の奥歯)を除いた全ての乳歯が生えそろう子が多いでしょう[*2]。ただし、歯が生える時期には個人差があり、数ヶ月遅れることもあります。気になる場合は小児歯科に相談を。

なお、2歳ごろまでは、上の前歯の歯と歯の間や、歯と歯茎の境目が虫歯になりやすいので特に注意して磨きましょう。自分で歯みがきをしたがる場合は、子供用の歯ブラシを持たせてあげて。しかし、のどをついたりすると危険なので、必ず座る約束をして、大人が見ている所でやらせましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.