子育て情報『【医師監修】1歳11ヶ月の特徴は? 気になるトイレトレーニング、指しゃぶりへの対処法』

2020年1月30日 08:32

【医師監修】1歳11ヶ月の特徴は? 気になるトイレトレーニング、指しゃぶりへの対処法

目次

・1歳11ヶ月ってこんな時期
・1歳11ヶ月の身長・体重
・動きがますます活発に
・トイレトレーニングは焦らずに
・始める時期はその子の成長具合に合わせて
・トイトレ開始の目安はある?
・どうやって始めればいいの?
・指しゃぶりはいつまでOK?
・このころしている子もまだまだ多い
・できれば2歳までにはやめたいところ
・まとめ
【医師監修】1歳11ヶ月の特徴は? 気になるトイレトレーニング、指しゃぶりへの対処法
この記事の監修ドクター 梁尚弘先生
りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。小児科専門医。

1歳11ヶ月ってこんな時期

1061220042


2歳が近づき、生活面での自立がさらに進む、このころの子の特徴を紹介します

1歳11ヶ月の身長・体重

厚生労働省の「平成22年乳幼児身体発育調査」によると、1歳11ヶ月ごろの身長の目安は、男の子79.7〜90.7cm(中央値85.1cm)、女の子78.3〜89.4cm(中央値83.8cm)です。

体重は男の子9.52~13.69kg(中央値11.28kg)、女の子は8.78~12.90kg(中央値10.64kg)です(身長・体重いずれも3~97パーセンタイル値)[*1]。

動きがますます活発に

長い時間歩けるようになったり、走れる子が増えてきます。後ずさりや横歩き、下り斜面を降りることができるようになるなど、ますます動きが活発に。外出するときは、車道に飛び出さないように大人と手をつないで歩く習慣をつけましょう。

トイレトレーニングは焦らずに

1134760593


2歳が近くなると気になってくるのが「トイレトレーニング」。スムーズにオムツを卒業するには、まずは子供の体の仕組みを知っておくことが大切です。

始める時期はその子の成長具合に合わせて

まず、1歳くらいになると尿がたまった感覚がわかるようになる子が多いとされています。その後、2〜3歳になると尿をまとめて出せるようになり、1日の排尿回数が6〜8回程度になります。

ただし、このころはまだ、尿意を感じた途端に反射的に膀胱が縮んで勝手に尿が出てしまいます。成長とともに、この反射的な収縮を抑える神経の働きが脳から膀胱に届くようになっていきますが、この機能の発達には個人差があり、早くて3歳ごろに完成。なかには7、8歳になっても完成しない子もいます[*2]。一方、自分の意思で肛門を締めて便を我慢できるようになるのは1〜2歳くらいとされています。排便回数は、母乳やミルクを飲んでいる間は1日2、3回~多い子では授乳のたびに排便しますが(なかには数日に1回という子もいます)、2歳までに1日およそ1~2回となり、3歳で1日1回くらいになります[*3, 4]。

このように、1歳代はまだまだ排尿・排便にかかわる体の機能が成長途中。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.