子育て情報『【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?』

【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?

目次

・妊娠中に胃痛が起きやすい理由は
・妊娠によるホルモン変化の影響
・つわりの影響
・ストレスの影響
・胃痛が病気である可能性は?
・妊婦特有の疾患
・・妊婦高血圧症候群、妊娠高血圧腎症
・・子癇、HELLP症候群
・妊婦がなりやすい疾患
・・胃食道逆流症(逆流性食道炎など)
・その他の胃痛が起こる、よくある疾患
・・機能性ディスペプシア(慢性胃炎)
・・胃、十二指腸潰瘍
・妊娠中の胃痛が胎児に与える影響は?
・妊娠中、胃痛があるときの対処法を知りたい!
・家庭でできる緩和法について
・・つわりの乗り切り方
・・ストレス対策
・胃痛の時、薬は飲める?
・妊娠中の胃痛、受診の目安は?
・まとめ
【医師監修】妊婦の胃痛・上腹部痛の原因は? 病気の可能性は?
この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠中に胃痛が起きやすい理由は

1193756253


妊娠すると、ホルモンバランスをはじめ心身にさまざまな変化が起こりますが、妊娠中は胃痛が起きやすい原因がいくつか考えられます。

妊娠によるホルモン変化の影響

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が多くなります。女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)は胃の動き(ぜん動運動)を低下させる作用があり、妊娠前と同じように食事をとっていても、胃がもたれたり胃痛が起こったりしやすくなります。

つわりの影響

つわりは、吐き気や胸のむかつきなど消化器系のさまざまな症状がみられるのが特徴です。つわりの症状の現れ方は人によって違いがありますが、「揚げ物ばかり食べたくなった」「とにかく味が濃いものを好んだ」など、食べ物の嗜好の変化もつわりの症状のひとつです。脂っこいもの、塩気の強いもの、熱い/冷たいものなどの食べ過ぎは、胃もたれや胃痛を引き起こします。

1082377770


また、食べ過ぎることも胃痛につながります。

空腹時に吐き気を感じるため常に何か食べているというような、いわゆる「食べつわり」の人もいますが、食べ過ぎてしまうと胃の不調を起こします。

逆に、つわりによる吐き気などのために食事がとれないという場合、長時間胃がからっぽの状態だと胃の中に胃酸が分泌されて粘膜を荒らし、胃痛の原因になることがあります。

ストレスの影響

妊娠すると、不安がつのることもあるでしょう。そのような精神的なストレスがあると自律神経に影響を及ぼし、胃痛が起こることがあります。

というのは、脳と消化器官はお互いに密接に関係していて、精神的なストレスがあると、胃酸が多く出る、胃粘膜の分泌が減るなどの変化が現れ、それらは胃痛などの症状につながるのです。妊娠により、ホルモンバランスが変わって胃腸の動きが弱くなっている状態に、食生活の変化やストレスが加わることで、さらに胃のトラブルを起こしやすくなってしまうのですね。

胃痛が病気である可能性は?

胃痛や胃のむかつきが症状の一つにある病気は、妊娠中に特有のもののほか、誰にでも起こる病気もあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.