子育て情報『納豆の離乳食レシピ!いつから?ひきわりと粒納豆どっちがいい?【管理栄養士監修】』

2020年7月9日 11:00

納豆の離乳食レシピ!いつから?ひきわりと粒納豆どっちがいい?【管理栄養士監修】

市販の納豆についているタレは使ってもいい?

できれば使わない

一般的なタレは少し味が濃いのと添加物が気になります。なるべくしょうゆなどを使うようにすると安心ですね。味は大人の半分くらいを目安にしてください。

おすすめレシピ!納豆だいこんもち(9ヶ月~)

Img 3454


納豆のネバネバが好きな子も、ちょっと苦手な子も楽しくたべられるおやきです。納豆は食べさせたいけど食べこぼしの後片付けが大変!というときにもおすすめです。

材料

・だいこん100g(3〜4cm程度)
・片栗粉大さじ2
・米粉大さじ1
・納豆 大さじ1
・ごま油適量

作り方

① 大根はすりおろして、軽く水気を切ります
② ①に片栗粉と米粉を加えて5-6個にわけます
③ 成形し、フライパンにゴマ油を敷き、両面を焦げ目がつくまで焼きます

■ワンポイントアドバイス■ 味付けしなくても赤ちゃんはおいしく食べられますが、もし食がすすまない場合はしょうゆを数滴たらしてもOK。
大人はしょうゆや豆板醤をつけてみてもいいかもしれませんね。是非家族でおなじものを食べてみてくださいね。赤ちゃんもパパママと一緒の食事は喜びますよ。

まとめ

497032104


納豆はたんぱく質が豊富で、離乳食にも積極的にとり入れたい食材です。スタートは生後7ヶ月を過ぎたころからが望ましいですね。また、最初は少量で念のため加熱もしましょう。
おかゆやご飯のお供にもいいので、使いやすく食べやすい納豆。赤ちゃんのたんぱく源としてもってこいなので、是非いろいろとレシピに取り入れてみてください。
納豆の離乳食レシピ!いつから?ひきわりと粒納豆どっちがいい?【管理栄養士監修】
この記事の執筆・監修管理栄養士 川口由美子(管理栄養士/母子栄養指導士)
一般社団法人母子栄養協会 代表理事
女子栄養大学 生涯学習講師。大学時に小児栄養学を学んだのち、育児用品メーカーでベビーフード開発を経て栄養相談、離乳食レシピ執筆、講演会に携わる。2児の母。現在は、母子栄養協会にて離乳食アドバイザー®他、専門家を養成している。
◆一般社団法人母子栄養協会HP:https://boshieiyou.org/

(文・写真:川口由美子先生)

※クレジットありイメージ写真:getty

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.