子育て情報『【医師監修】「子宮頸管が短い」とはどんな状態? 妊娠中の子宮口の変化と原因について』

【医師監修】「子宮頸管が短い」とはどんな状態? 妊娠中の子宮口の変化と原因について

目次

・子宮頸管の場所と役割
・どこにある?
・役割は?
・頸管の長さと早産の関係
・妊娠していない時の子宮頸管の長さは?
・妊娠している時の子宮頸管の長さは
・「頸管の短縮」とは?
・早産との関係は?
・早産とは
・早産になりやすいリスク要因
・子宮頸管が短い場合の対処法
・主治医から安静と言われたら?
・まとめ
【医師監修】「子宮頸管が短い」とはどんな状態? 妊娠中の子宮口の変化と原因について
この記事の執筆・監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

子宮頸管の場所と役割

最初に子宮頸管がどこにあり、どのような役割をもっているか紹介します。

どこにある?

女性の子宮は「子宮体部」と「子宮頸部」に分けて見ることがあり、妊娠した女性の子宮頸部の内側(管状の部分)を子宮頸管と呼びます。

つまり子宮頸管は子宮の一部、子宮の(赤ちゃん側からの)出口部分、腟との境にあります。

7651

役割は?

妊娠していない時期の子宮頸部は閉じていての内側は狭く、分泌物(頸管粘液)で栓(粘液栓)をするように腟と子宮腔の間を遮断し、細菌などの侵入を防ぐ役目を(感染予防)果たしています。また、生理周期の中で分泌液の性状(性質と状態)を変化させ、排卵の時期以外は精子が子宮内に侵入しにくい性状になっています(受胎調節)。

妊娠すると粘液栓で感染予防しながら、強度を保って妊娠の維持に役立つものの、徐々に短くなります。そして出産が近づくと全く様子が変わり、徐々に柔らかく、さらに短くなります。子宮口が開き、分娩直前に産道が整うときには見かけ上は消失しています。

頸管の長さと早産の関係

1071815072


妊娠によって子宮頸管は変化します。変わり方には個人差があるものの、ここでは一般的にどのように変わっていくのか、また早産との関係も紹介します。

妊娠していない時の子宮頸管の長さは?

非妊娠時は子宮全体が鶏卵サイズといわれ、その約1/3が子宮頸部です[*1]。

子宮頸部の内側(管状の部分)が子宮頸管に当たりますが、非妊娠時には「子宮頸管長」として測ることは通常ありません。

妊娠している時の子宮頸管の長さは

妊娠初期〜中期(16~27週)に頸管長は約40mmになり、32週以降は25~30mmに短縮します[*2]。妊娠24週の頸管長の平均は約35mmとされています[*3]。

「頸管の短縮」とは?

子宮頸管の短縮とは、文字通り「子宮頸管が短くなること」で、頸管の長さは経腟超音波検査で測定されます。妊娠後期、さらに柔らかく短くなるのは、分娩に向けた生理的な変化(子宮頸管の熟化)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.