子育て情報『【医師監修】出産後、退院はいつ? 事前準備や退院後の過ごし方』

【医師監修】出産後、退院はいつ? 事前準備や退院後の過ごし方

目次

・退院するまでの日数は?
・産後、退院までのママのミッションは?
・体を休める
・不安の解消
・退院時のママ・赤ちゃんの「服装・移動手段・準備品」は?
・ママの服装
・赤ちゃんの服装
・マイカーで退院するなら
・退院後の過ごし方は?
・出産前に準備しておくといいこと・ものは?
・自分が住んでいる自治体の「産後ケア」や「ファミリーサポート(子育て支援や家事支援)」の取り組みを調べておく
・ネットスーパー、民間家事代行、宅配、デリバリーなどのサービスを調べておく
・マタニティーブルーズを知っておく
・各種手続のめどをつけておく
・まとめ
【医師監修】出産後、退院はいつ? 事前準備や退院後の過ごし方
この記事の執筆・監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

退院するまでの日数は?

1187552023


出産の時の入院日数は施設によって違うものの、日本では3日以上の入院が一般的です。目安としては次の通りです。

経腟分娩5〜7日
帝王切開8〜12日[*1]

退院診察と血液検査などの結果次第で退院日が決まりますが、診察でママの貧血、産褥熱(さんじょくねつ)、膀胱炎・腎盂腎炎といった感染症の兆候などが見られた時や、お産の状況などで母体の状態がよくない場合、また黄疸など赤ちゃんの健康状態が原因で長引くこともあります(状況によってママだけ先に退院の場合も)。また、経産婦で産後の経過が良好な場合などは、入院期間が短縮されることもあります。

「産院によって入院中や退院のスケジュールは異なります。東峯クリニックの場合は3日目に採血検査をし、その結果を確かめて4日目に退院するケースが多いです。中には疲労度が大きく、延泊を希望するママもいます。入院日数はあくまで目安として考え、延泊が必要になることもあるので、退院後の予定を組むなら余裕を見ておくのがベターです。出産はゴールではなくむしろ長い育児の始まりで、退院から新しい生活のスタートになります。いいスタートを切ってほしいと思うので、十分なケアを受けて元気に退院していただきたいと思います」(松峯先生)

産後、退院までのママのミッションは?

ニュースなどで欧米の著名人が産後すぐに退院しているのを見たことがあるかもしれません。なぜ日本では数日も入院するのでしょう。実は、入院中のママには大切なミッションが2つあります!

体を休める

出産をした女性の体は急速に回復し始めますが、回復を促すには十分な休養が必要です。退院から始まる赤ちゃんとの多忙な生活の前に、十分に体を休めて心身をいやすための数日間の入院です。赤ちゃん誕生の幸せを噛みしめながら、ゆっくり休みましょう。

不安の解消

赤ちゃんと対面して、大きな喜びの反面、育児についての不安を具体的に感じることもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.