子育て情報『【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?』

2020年2月23日 17:00

【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?

目次

・肌荒れを起こす原因に深く関係する赤ちゃんの肌の特徴とは?
・そもそも赤ちゃんの肌は肌荒れが起こりやすい!
・理由1皮膚の厚さが薄い
・理由2肌そのものが乾燥している
・赤ちゃんの肌荒れを予防するための正しいスキンケアとは?
・赤ちゃんのよくある肌トラブルと、予防・ケア方法
・乳児脂漏性湿疹 ・ざ瘡(新生児ざ瘡)
・おむつかぶれ
・あせも
・赤ちゃんが肌荒れしたときの対処法は?
・まとめ
【医師監修】赤ちゃんの肌荒れの原因と正しいケア方法とは?
この記事の監修ドクター 大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウィメンズホスピタル小児科部長。小児科専門医

肌荒れを起こす原因に深く関係する赤ちゃんの肌の特徴とは?

1187554617


赤ちゃんの肌は、どうしてすぐに荒れてしまうのでしょうか。それは、赤ちゃんの肌の基本的な構造にも関係があります。

そもそも赤ちゃんの肌は肌荒れが起こりやすい!

赤ちゃんが肌トラブルを起こしやすいのは、赤ちゃんの肌・皮膚の特徴にも原因があります。

理由1皮膚の厚さが薄い

赤ちゃんの皮膚は薄く、大人の肌の約半分の厚さです。そのため、乾燥した空気やよごれなど、ちょっとした外的刺激の影響を受けやすいのです。

理由2肌そのものが乾燥している

肌を守ってくれる皮脂の分泌量は、生後4ヶ月を過ぎたころから急激に減り、思春期ごろまでは非常に少なくなります。保湿しなければ、肌の水分が保ちにくい状態のため、乾燥しやすいのです。

肌は、体を外界からの異物侵入から守ってくれるバリアです。それが薄く、乾燥していることにより、肌のバリア機能が弱くなります。だから赤ちゃんの肌は、正しくスキンケアして潤いを保たないと、すぐに肌荒れなどのトラブルを起こしてしまうというわけです。

赤ちゃんの肌荒れを予防するための正しいスキンケアとは?

686870076


赤ちゃんの肌荒れ対策は、まずスキンケア。その基本は、「洗う」と「保湿」をワンセットで考えます。

まず、せっけんなどの洗浄料をよく泡立てて、やさしく洗います。洗浄成分をシャワーなどでしっかり流したら、やわらかいタオルでこすらないようにして水分をふき取ります。肌がしっとりしているうちに、保湿。耳の後ろや、関節のくびれ部分も忘れずに。

「1日1回お風呂の時だけ」ではなく、ポイントごとに清潔・保湿を繰り返します。授乳のあとに、おむつがえのときに、着替えの時に……汚れをふき取ったらさっと保湿剤を塗る、これを習慣化しましょう。使う洗浄剤・保湿剤は、肌に刺激の少ない赤ちゃん用のものを選びましょう。肌と同じ弱酸性で、刺激となるような添加物が少ないものを。また、塗るときに肌を傷つけないために、ママ・パパの手指の爪も短めにしましょう。

赤ちゃんのよくある肌トラブルと、予防・ケア方法

1187554641


こうして毎日こまめに保湿していても、保湿だけでは対処できない肌トラブルが起こることもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.