子育て情報『【医師監修】妊娠初期のインフルエンザは胎児に影響する?予防方法は?』

【医師監修】妊娠初期のインフルエンザは胎児に影響する?予防方法は?

目次

・妊娠中にインフルエンザにかかるとどうなるの?
・母体への影響
・赤ちゃんへの影響
・妊娠中、妊娠初期の予防接種はOK?
・妊娠初期でも安心して予防接種を
・ママだけでなく、生まれてくる赤ちゃんにも安全かつ有効
・おすすめの接種時期
・妊娠中にインフルエンザにかかったらどうする?
・どのように受診すればいい?何科に行く?
・妊婦でもインフルエンザの薬は飲める?
・妊娠中にインフルエンザ患者と一緒にいた場合はどうする?
・妊婦への抗インフルエンザ薬の予防投与
・まとめ
【医師監修】妊娠初期のインフルエンザは胎児に影響する?予防方法は?
この記事の監修ドクター 産婦人科医太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

妊娠中にインフルエンザにかかるとどうなるの?

1195233061


妊婦がインフルエンザにかかると、治りにくく、重症化しやすいことがわかっています。また、母体だけでなく胎児にも影響が出ることがあります。

母体への影響

妊娠中は妊娠していない時よりも免疫力が低下している状態で、インフルエンザに感染すると 重症化しやすいことがわかっています。妊娠期別のリスクとしては、妊婦がインフルエンザ流行中に心肺機能を悪化させて、入院するリスクは、産後と比較すると妊娠14~20週で1.4倍、妊娠27~31週で2.6倍、妊娠37~42週で4.7倍という研究結果もあります[*1]。この結果からは、妊娠後期になるほど重症化しやすくなることがわかります。

2009年に新型インフルエンザ※が大流行したとき、日本では妊婦の死亡者はいませんでしたが、外国では妊婦の死亡者が多数報告されました。このとき、アメリカでは妊婦は人口比率の1%でしたが、新型インフルエンザの死亡者の5%は妊婦でした[*1]。この結果を見ても、妊婦は重症化のリスクが高いことがよくわかります。

※当時は「新型」でしたが、現在は通常のインフルエンザの1つとして扱われています

赤ちゃんへの影響

妊娠中にインフルエンザに感染した場合、胎児への影響はどうでしょうか。

妊婦のインフルエンザ感染によって流産・早産、低出生体重児や不当軽量児(お腹にいる週数から予測される標準体重より軽い状態のこと)、胎児死亡が増加するという報告があります[*1]。

また、妊娠初期にインフルエンザにかかった場合、赤ちゃんの心臓や神経機能の異常などが増えるという報告もありますが、これは母体の高熱によるもので、適切な解熱剤の服用などでリスクが回避できるとの考えもあります[*1]。

妊娠中、妊娠初期の予防接種はOK?

1164812865


インフルエンザの重症化を防ぐためには、予防接種を受けることが一番有効です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.