子育て情報『【医師監修】妊娠初期のインフルエンザは胎児に影響する?予防方法は?』

【医師監修】妊娠初期のインフルエンザは胎児に影響する?予防方法は?

予防接種でインフルエンザは完全に予防できるわけではありませんが、重症化を抑えることはできます。また、インフルエンザに感染したり、患者と濃厚接触した場合は、すぐに医療機関を受診し、治療を受けるようにしましょう。

(文:今井明子/監修:太田寛先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]産婦人科診療ガイドライン―産科編2017
http://www.jsog.or.jp/uploads/files/medical/about/gl_sanka_2017.pdf
[*2]国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター:インフルエンザについて(医療関係者向け)https://www.ncchd.go.jp/kusuri/news_med/h1n1.html
[*3]厚生労働省「令和元年度インフルエンザQ&A」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.