子育て情報『【医師監修】妊婦の栄養の摂り方は? 不足しがちな栄養素・注意が必要な食品』

【医師監修】妊婦の栄養の摂り方は? 不足しがちな栄養素・注意が必要な食品

目次

・妊娠中の栄養摂取は基本的にどう考えればいい?
・妊婦さんの栄養摂取状況は?
・妊娠中に積極的に摂りたい栄養素は?
・エネルギー
・たんぱく質
・ビタミン
・葉酸
・ビタミンD
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ミネラル
・鉄分
・カルシウム
・その他ミネラル
・マグネシウム、亜鉛
・食物繊維
・オメガ3系脂肪酸
・妊娠中は摂取に注意が必要な栄養素・食品
・妊娠初期のビタミンA
・魚介類に含まれる水銀
・生の魚や肉は口にしないこと
・体重の急激な増加にも注意しよう
・体重の適正な増加量は?
・体重を適切に増加させるためのポイント
・まとめ
【医師監修】妊婦の栄養の摂り方は? 不足しがちな栄養素・注意が必要な食品
この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠中の栄養摂取は基本的にどう考えればいい?

534896493


妊娠中は妊娠前に比べて多めにエネルギーが必要になります。母体だけでなく、胎児の発育のためにもエネルギーは必要です。胎児の成長とともに必要なエネルギー量も増えていきます。また、ビタミンやミネラルの中にも、妊娠中は普段より多めの摂取が推奨されているものもあります。

ただ、なんでも多めに摂れば良いということではなく、食事の基本は、「主食」「主菜(メインディッシュ)」「副菜(小鉢や汁物)」「牛乳・乳製品」「果物」を「バランスよく」摂ることです。

ご飯やパンなどの「主食」を食べ、しっかりとエネルギーをとります。たんぱく質豊富な肉や魚、卵、大豆などを使った「主菜」はからだづくりの基礎となるため、適量を摂取しましょう。また、不足しがちなビタミンやミネラルは、野菜などを使った「副菜」でたっぷりと摂りたいものです。カルシウム補給のために、牛乳や乳製品も積極的に摂っていきましょう。

妊婦さんの栄養摂取状況は?

平成29年国民健康・栄養調査報告[*1]では、全国の妊婦さんの栄養摂取状況を調べています(該当は31人)。この調査での平均値と、日本人の食事摂取基準(2015年版)[*2]で妊婦さんに勧められている栄養素の量を比較してみました。

すると、エネルギー、食物繊維、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などは、摂取量の平均が推奨量より低くなっていました。一方で、塩分の平均摂取量は推奨量よりも多くなっていました。

この調査はたくさんの妊婦さんを調べたものではないうえに、栄養の摂取状況は人によってさまざまなので、この傾向がすべての妊婦さんに当てはまるものとは言えませんが、意外と不足している栄養素は多いのかもしれません。さきほど紹介したように食事の基本は「バランスよく」ですが、これから紹介する内容と普段の食生活を照らし合わせてみて、不足していそうなものがないか確認してみるとよいでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.