子育て情報『【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?』

【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

目次

・妊娠初期の寒気とは?
・つわりによる低血糖の影響
・女性ホルモンの影響
・風邪やインフルなど感染症の可能性も
・流産の可能性は?
・妊娠初期に寒気を感じたときの対処法
・つわりの時期の悪寒は?
・ゾクッと感じたときは?
・寒気以外の症状もあるときは?
・まとめ
【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?
この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠初期の寒気とは?

1082004930


いつも以上に体調が変わりやすい妊娠初期。

この時期に特に起こりやすい症状に、「背中がゾクゾクする」「なんだか寒気がする」といったものがあります。暖かい部屋にいても温まらず、エアコンの温度設定を高くしたり、一枚上着を羽織ったり……という人もいるでしょう。

こうした感覚の変化は妊娠に伴うものだけでなく、風邪やインフルエンザなどの初期症状の可能性もあります。詳しく見ていきましょう。

つわりによる低血糖の影響

妊娠初期は「つわり」と呼ばれる消化器の不快な症状が現れやすい時期です。人によっては気持ちが悪いだけでなく、食べ物を受け付けなくなることも。そんな時は低血糖を起こしやすくなっており、その症状のひとつに「寒気」があります。

女性ホルモンの影響

614146314


妊娠初期に寒さを感じる原因としては、女性ホルモンの影響も考えられます。

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠の成立や継続に必要なホルモンですが、視床下部にある体温調節中枢に働きかけて、体温を上げるという作用もあります。排卵後に基礎体温が上がる高温期(高温相)になるのも、このプロゲステロンの働きによるものです。

妊娠が成立すると、しばらくの間高温期が続くため、ほてりなどを感じる人も少なくありません。

そんなほてりを感じる一方で、寒気を感じる人もいます。それは、女性ホルモン分泌量の大きな変化によって、自律神経のバランスの乱れを引き起こし、その症状のひとつとして寒気につながっていると考えられます。

風邪やインフルなど感染症の可能性も

614718420
ここまで見てきたのは妊娠初期の生理的な変化に伴う寒気ですが、風邪やインフルエンザの初期症状でも同じような症状が現れることがあります。

寒気のあとに急に熱が上がったときや、のどの痛みや鼻水、咳などの風邪症状が出たときは、風邪やインフルエンザにかかっている可能性が高いといえます。妊娠中は感染症にかかりやすいので注意が必要です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.