子育て情報『【医師監修】妊婦はキムチに注意すべき?辛いものの食べ方と注意点』

【医師監修】妊婦はキムチに注意すべき?辛いものの食べ方と注意点

目次

・妊娠中にキムチは食べていい?
・乳酸菌は体にいい
・塩分には要注意
・必要な塩分の量と実際に摂っている量
・キムチに含まれる塩分
・キムチの辛さは大丈夫?
・辛さとはカプサイシンの灼熱感
・辛さから起こるトラブル
・胃腸への影響には要注意
・まとめ
【医師監修】妊婦はキムチに注意すべき?辛いものの食べ方と注意点
この記事の監修ドクター 浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠中にキムチは食べていい?

869152636

乳酸菌は体にいい

伝統的な製法に則って作られたキムチは、白菜などの野菜などを使った発酵食品の一種※で、体に有用な乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸の善玉菌の1つであり、妊娠中の体にいい影響を与えることが知られています。

妊娠すると、肌に吹き出物やかゆみが出る、便秘になりやすくなるなど、色々なトラブルが起こります。ところが妊娠中に乳酸菌を摂ることで、「便秘」「肌の保湿性」「ニキビ・吹き出物」「肌の弾力性」「体のだるさ」などが改善されるという研究もあるのです。

妊婦さんにとって、乳酸菌を摂ることができるおかずとしてキムチはおすすめといえるでしょう。

※スーパーなどの店頭で販売されているキムチの中には、非発酵のものも多いようです。

塩分には要注意

キムチは漬物なので、塩分も含まれています。妊娠中の体と塩分について考えてみましょう。

必要な塩分の量と実際に摂っている量

妊娠に関わらず、塩分を過剰に摂りすぎることは、むくみや高血圧につながります。

大人の女性(18歳以上)の1日あたりの食塩接種量の目標値は7.0g、体に必要な量は1日に1.5gとされています[*1]。ところが、実際には平均で9.2gもの塩分を日本の大人の女性は取っていると報告されています[*2]。目標値よりも摂りすぎですね。

妊娠中に塩分を摂りすぎると、妊娠高血圧症候群になりやすくなります。すでに妊娠高血圧症候群になっている場合も、塩分を極端に制限する必要はありませんが、塩分の取りすぎは避けた方が安心です。妊娠したら、普段よりも塩分を控えるように心がけましょう。

キムチに含まれる塩分

製品によっても異なりますが、キムチ100gにはナトリウムが870mg含まれています[*3]。塩分に換算すると、約2.2gとなります。

1日あたりの摂取目標値7.0gに比べると少ないですが、ほかの食べ物にも塩分は含まれています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.