子育て情報『【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策』

【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策

目次

・げっぷとは?どういうときに出る?
・げっぷはどうして出る?
・これって「げっぷつわり」?
・つわりとは?
・つわりとげっぷの関係は?
・げっぷが増える病気とは?
・自力のげっぷ対策は?
・ゆっくり食べる
・炭酸を控える
・背中をさする
・食後には深呼吸
・ストレスケア & リラックス
・十分な睡眠をとる
・まとめ
【医師監修】つわりでげっぷが増える⁉ つわり中のげっぷ、理由と対策
この記事の監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

げっぷとは?どういうときに出る?

げっぷは、口から入って胃の中にたまった空気が食道を逆流し、再び口から出ていく現象です。医療用語では「曖気(あいき)」といいます。

げっぷはどうして出る?

食事をすると食べ物と一緒に空気を飲み込むので、生理現象としてげっぷが出ます。

とはいえ普段は食道と胃の境目にある「下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)」という筋肉が胃液や空気の逆流を防ぐ弁のはたらきをしているので、気になるほど頻回には出ません。

しかし、この筋肉がゆるんでいたり、胃に溜まった空気が多いとげっぷが増えます。

また病気が原因でげっぷが増える場合もあります(詳細後述)。

さらに精神的な原因でもげっぷが増えることがあります。不安やストレス、緊張が強いと、無意識に何度も唾液を飲み込み、空気も飲み込んでしまうためです。

「緊張や不安から首や肩に力が入ったり歯を食いしばったりすると、“固唾(かたず)を飲む”などと言うように唾液とともに空気を飲みやすいとされていて、そのような状態は『かみしめ・呑気(どんき)症候群』などと呼ばれています」(松峯先生)

これって「げっぷつわり」?

1201465402


「食べつわり」「吐きつわり」「よだれつわり」と並んで俗称「げっぷつわり」がある人もいるようです。つわりの症状としてげっぷが出るのでしょうか?

つわりとは?

つわりとは、妊娠によって体にさまざまな変化が起こることから生じる消化器の不快な症状を中心とした体調不良や症状のことで、妊婦の50〜80%が経験するとされています[*1]。

妊娠したら必ずつわりがあるとはいえないものの、多くの人が何らかの症状を感じるということです。

つわりとげっぷの関係は?

妊娠が直接、げっぷを増やすわけではないものの、妊娠するとホルモン分泌の影響で全身の筋肉がゆるみ、先述の食道と胃の境目にある弁(下部食道括約筋)もゆるむため、空気や胃の内容物が逆流しやすい状態になってしまいます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.