子育て情報『【医師監修】着床出血が生理予定日当日や後に来ることってあるの? 生理との見分け方』

【医師監修】着床出血が生理予定日当日や後に来ることってあるの? 生理との見分け方

目次

・生理から着床までの日数
・卵巣から卵子が排卵される
・卵子と精子が卵管の中で出会って受精する
・受精卵は卵管の中で成長しながら、子宮に向かって移動していきます
・受精卵は胚となって子宮内膜に着床します
・生理予定日に出血した!これって、本当に生理?もしかして着床出血?
・着床出血と生理の見分け方
・妊娠に関係しない出血
・生理(月経)
・子宮腟部びらんや子宮頸管ポリープ
・性器以外からの出血
・妊娠している場合・妊娠に関連する出血
・着床出血
・早期流産・切迫流産
・胞状奇胎
・異所性妊娠(子宮外妊娠)
・着床出血と決めつけるのはNG
・まとめ
【医師監修】着床出血が生理予定日当日や後に来ることってあるの? 生理との見分け方
この記事の監修ドクター 窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

生理から着床までの日数

1052675614


まずは、着床出血が起こるのは生理開始から何日後くらいなのか、だいたいの日数を考えてみましょう。

着床までには、次のできごとが起こります。

卵巣から卵子が排卵される

生理周期が28日の場合、排卵はだいたい生理開始の日から14日目に起こります。

卵子と精子が卵管の中で出会って受精する

腟の中に射精された精子は、子宮の中まで泳ぎ上がって卵管を通り、卵管膨大部に到着します。ここで精子と卵子が出会い、受精します。

なお、排卵された卵子の寿命は約24時間、精子が女性の体内で生きていられるのは約72時間と言われているので、両者のタイミングが合わないとうまく受精することができません[*1]。

受精卵は卵管の中で成長しながら、子宮に向かって移動していきます

受精卵は卵管の中を移動しながら細胞分裂を繰り返し、子宮内にさしかかるころには細胞の数が8~16個の「桑実胚」になります[*2]。

その後、着床前には、おもに胎盤や羊膜などになる細胞の塊(外細胞塊)が赤ちゃんの元となる細胞の塊(内細胞塊)を包みこんだ「胚盤胞」という状態にまで成長します。

受精卵は胚となって子宮内膜に着床します

受精後5日くらいで受精卵は子宮の中に到着します。7日目には子宮内膜に潜り込み、根を張ります。これが「着床」です[*1]。

なお、この着床もいつでもできるというわけではありません。子宮内膜が、自分とは異なる細胞である受精卵を受け入れるために「脱落膜」というものに変化する必要があり、これが起こるのが生理周期の20~24日目 にあたると言われています[*3]。排卵から受精を経て、受精卵が子宮に到達するころ、ちょうど、この子宮内膜の変化が起こっていることになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.