子育て情報『【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG』

【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG

目次

・のどが痛くなるのはなぜ?
・この「のど痛対策」は妊婦にOK?NG?
・のど飴
・医薬品ののど飴
・指定医薬部外品ののど飴
・食品ののど飴
・種類にかかわらず気をつけること
・うがい薬やのどスプレー
・確認!妊娠中の薬利用の基本
・のど痛の予防法は?
・まとめ
【医師監修】妊婦の「のど」の痛みはこう治す! のど飴・うがい薬のOK・NG
この記事の監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

のどが痛くなるのはなぜ?

812491804


一般的に、のどの痛みを感じるのは「感染症」「乾燥」「のどの使いすぎ」「のどへの刺激」が原因であることが多く、“いがいが”などと称される違和感から始まり、のどの粘膜の炎症(咽頭炎)に進むと神経が刺激され、痛みを感じます。

この「のど痛対策」は妊婦にOK?NG?

のどが痛いとき、のど飴やうがい薬などの利用を考えますが、妊娠している女性が気をつけたい利用上の注意をまとめます。

なお、のど痛の原因が感染症である場合、基本的にはその疾患ごとに治療が異なりますので、まずは医師に相談しましょう。

のど飴

1073928610


違和感や痛みがあるとき、まず手に取りやすいのが「のど飴」ではないでしょうか。いくつかの種類があるので、ママは種類によって使い分けをしましょう。

医薬品ののど飴

有効成分による効能・効果が認められているのが「医薬品ののど飴」です。
医薬品の中でさらに「第1類医薬品」「指定第2類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分類されていて、のど飴は「指定第2類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の製品があり、いずれも薬局・ドラッグストアで販売されています。
利用したい時は妊娠中も利用できるか医師や薬剤師に相談し、用法用量を守って使いましょう。

指定医薬部外品ののど飴

医薬品に準じて有効成分の効果が認められているのが「指定医薬部外品ののど飴」です。
医薬品に比べて効き目が穏やかで、副作用が少ないので、一般のコンビニやスーパーでも販売されています。
念のため医師や薬剤師に相談の上、用法用量を守って利用してください。

食品ののど飴

効能・効果を認められている有効成分を含んではいませんが、飴をなめると唾液の分泌が増えるので、一時的にのどのスッキリ感やうるおいが感じられることがあります。お菓子のキャンディー(飴)の一種ですから、コンビニやスーパーでも販売されています。
用法用量は示されていないのが一般的ですが、次項を参考にしてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.