子育て情報『【医師監修】風邪? 妊娠超初期の鼻水。どう対処したらいい? 薬は飲んでいいの??』

【医師監修】風邪? 妊娠超初期の鼻水。どう対処したらいい? 薬は飲んでいいの??

目次

・鼻水が出るのはなぜ?
・妊娠すると鼻炎になりやすい
・妊娠の可能性があるとき、鼻水で困ったらどうしたらいい?
・薬に頼らないセルフケア
・まとめ
【医師監修】風邪? 妊娠超初期の鼻水。どう対処したらいい? 薬は飲んでいいの??
この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士宋美玄先生
大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事

鼻水が出るのはなぜ?

614150704


鼻腔(鼻の穴からのどに至る空洞)では、健康な時も常に少しずつ鼻水が分泌されており、吸い込んだ空気の加湿に役立っています。また、鼻水には異物を排出する役割もあります。

風邪やアレルギーなどのときには、体からウイルスやアレルゲンを排出しようとして、普段よりたくさんの鼻水が作られるようになります。鼻水には酵素などが含まれており、鼻から入ってくる細菌を殺してもくれます。

つまり、鼻水は異物の侵入から体を守る仕組みがはたらいている証拠なのです。

妊娠すると鼻炎になりやすい

妊娠4週未満の俗に言う「妊娠超初期」はまだ妊娠を確定できない時期ですが、一般的に妊娠すると「うっ血性鼻炎」になりやすいといわれています。

これは女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌量が次第に増加することによって、鼻の粘膜がうっ血(※)しやすいために起こると考えられています。

※血液の流れが悪くなり、とどこおること

妊娠の可能性があるとき、鼻水で困ったらどうしたらいい?

鼻水や鼻づまりで困ったら、薬で気軽に治したくなるもの。でも、妊娠の可能性があるときに自己判断で薬を飲むのは待ってください。なぜなら、妊娠初期の薬の服用は、赤ちゃんに影響を与えるリスクがあるからです。

妊活中、鼻炎で困ったら、まずは産婦人科を受診し、妊娠の可能性を調べてもらうとともに鼻炎の症状を相談してみましょう。

薬に頼らないセルフケア

デリケートなこの時期、薬を飲まずに症状を改善できるなら、その方があれこれ気をもまずに済むかもしれません。

『鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版』でも、妊婦さん、とくに妊娠2~4ヶ月の場合は、家庭でできる方法では、入浴、蒸しタオル、マスクの着用などで鼻炎が改善しないか試してみると良いとしています[*1]。

まとめ

妊娠をすると、ホルモンバランスの変化によって鼻水が出たり鼻づまりになりやすいもの。妊娠初期は自己判断で服薬するのではなく、まずは医師に相談したほうが安心です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.