子育て情報『【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?』

【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?

目次

・妊娠中はみんな肌が荒れやすい?
・妊婦に現れる肌の変化はどんなもの?
・妊娠中期のかゆみを感じる2大疾患
・湿疹がないのに全身がかゆい「妊娠性皮膚掻痒症」
・湿疹ができてかゆみが出る「妊娠性痒疹症」
・妊娠中の肌荒れ、対策は?
・まとめ
【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?
この記事の監修ドクター 産婦人科医・医学博士宋美玄先生
大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などで情報発信を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事

妊娠中はみんな肌が荒れやすい?

996835496


妊娠によって分泌量が増えるホルモンとして、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、これらは妊婦さんの心身に様々な変化をもたらします。

ホルモン分泌量が増えることでの変化は、肌にも見られます。しかし、その現れ方は一様ではなく、皮脂分泌を促すプロゲステロンなどの影響で「肌トラブルが増えた」と感じる人がいる一方で、美肌作用のあるエストロゲンなどの影響で「肌の調子がいい」と感じる人もいるのです。

妊婦に現れる肌の変化はどんなもの?

妊娠中に現れやすい肌の変化としては、乳首などへの色素沈着、頬などのシミ(妊娠肝斑)、ニキビ、へそから恥骨上までの正中線が濃くなる、妊娠線(ストレッチマーク)などがあります。

これら以外にも妊娠中の肌の変化はありますが、中でも「妊娠中のかゆみを伴う肌トラブル」に悩まされる人は少なくありません。

妊娠中期のかゆみを感じる2大疾患

1182475990


妊娠中はホルモンの影響で皮膚が敏感な状態。また、汗をかきやすいこともあって、普段よりかゆみを感じやすくなっています。

とくに、妊娠中期に肌のかゆみを感じる主な疾患としては「妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)」と「妊娠性痒疹症(にんしんせいようしんしょう)」があります。

湿疹がないのに全身がかゆい「妊娠性皮膚掻痒症」

体中がかゆい疾患として「妊娠性皮膚掻痒症」があり、時期としては妊娠中期から後期にかけてみられます。湿疹は出ませんが、あまりのかゆさに掻きむしってしまって、ひっかき傷を作ったり色素沈着をしてしまうこともあります。妊娠中でも使用できる塗り薬を処方してもらうことも可能なので、肌のかゆみが強い場合はかかりつけ医に相談しましょう。

湿疹ができてかゆみが出る「妊娠性痒疹症」

かゆみを伴うポツポツとした赤いもりあがりが、腕の外側、手の甲、お腹や背中などにパラパラとちらばってできる「妊娠性痒疹症」は、妊娠3~4ヶ月ごろから起こりやすい症状です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.