子育て情報『【医師監修】妊婦はチーズを食べてもいい? 安心な食べ方は?』

【医師監修】妊婦はチーズを食べてもいい? 安心な食べ方は?

目次

・妊娠中はチーズを食べても大丈夫?
・チーズをとるメリット
・チーズをとるとき注意すること
・チーズが原因の食中毒とは?
・リステリア症の赤ちゃんへの影響は?
・どんなチーズ選びをしたらいい?
・チーズの種類
・ナチュラルチーズ
・プロセスチーズ
・チーズを買うとき注意することは?
・どうしてもナチュラルチーズが食べたいときは?
・まとめ
【医師監修】妊婦はチーズを食べてもいい? 安心な食べ方は?
この記事の監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

妊娠中はチーズを食べても大丈夫?

466828588


結論から言うと、妊娠中でもチーズを食べるのはOKで、栄養バランスの視点からもぜひ食生活に取り入れたい食品と言えます。ただし、後で述べる注意点を守り、安全に食べてください。

チーズをとるメリット

チーズは原料乳や製造方法などによってさまざまな種類があり、それぞれ栄養成分にも違いがあるものの、どれも多くの人が不足しがちなカルシウムの補給に適した食材です。

そもそも牛乳・乳製品は1回に食べる量に含まれるカルシウム量が多く、他の食品に比べて吸収率も高いことがわかっています。

「国民健康・栄養調査」によると、カルシウムはほぼすべての年齢層で男女ともに十分にとれていません[*1]。そしてカルシウム不足は日本に限らず、多くの国で共通しているため、効率よくカルシウムがとれるものとして世界的に「3-A-Day」(1日に3回または3品の乳製品をとろう)運動もあります。

「特に牛乳に乳酸菌や酵素などを加えて熟成発酵させるチーズには牛乳の栄養が凝縮されています。上手に利用してカルシウム補給しましょう」(松峯先生)

チーズをとるとき注意すること

ナチュラルチーズを食べるリスクについて、知っておきたいことをまとめます。

チーズが原因の食中毒とは?

妊娠中は食中毒のリスクが高く、重症化しやすくなります。またママが重症にならない場合にも、赤ちゃんは食品由来の病原体の影響を受けやすいことがわかっています[*2]。

チーズの中でも、加熱処理をしていない生乳で作ったナチュラルチーズが感染源になる可能性がある食中毒は「リステリア症」というものです。

さまざまな食中毒の中でみるとリステリア症は比較的まれな病気で、患者数は世界の国や地域によって年間100万人あたり0.1~10人程度と少ないものの、病気による死亡率が高いので予防が広く呼びかけられています[*3]。そして妊娠中の女性は、その他の健康な成人と比べてリステリア症の感染率が20倍も高いとされます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.