子育て情報『【医師監修】妊婦は生ハムを食べてはダメ? 妊娠中の食中毒予防のコツ』

【医師監修】妊婦は生ハムを食べてはダメ? 妊娠中の食中毒予防のコツ

妊娠中に生ハムを食べても大丈夫?

目次

・妊娠中に生ハムを食べても大丈夫?
・リステリア菌の感染リスク
・リステリア菌に感染するとどんな症状が?
・赤ちゃんへの影響は?
・生ハム以外でリステリア菌のリスクが指摘されているのは?
・トキソプラズマの感染リスク
・トキソプラズマに感染するとどんな症状が?
・赤ちゃんへの影響は?
・生ハム以外でトキソプラズマのリスクが指摘されているのは?
・予防の落とし穴にご用心
・まとめ
599116522


前提として、妊娠中は食中毒になりやすく、重症化しやすくなっています。またママが重症にならなかったとしても、赤ちゃんは食品由来の病原体の影響を受けやすいことがわかっています[*1]。

そして多くの食中毒菌や寄生虫は加熱することで死滅するので、自力で食中毒を予防する最も手軽な方法としては「洗浄・加熱」を十分にすることにつきます。

生ハムが感染源となる可能性があるのは「リステリア菌」と「トキソプラズマ(寄生虫)」による食中毒です[*2]。

どちらも日常生活圏に広く存在していて、リスクをゼロにすることは難しいと考えられているので、予防としては調理方法に気をつけ、少しでも可能性のある状態で食べることを妊娠中には避けるのが賢明です。

リステリア菌の感染リスク

リステリア菌による食中毒「リステリア症」についてまとめます。

リステリア菌に感染するとどんな症状が?

リステリア症については、妊娠女性はその他の健康な成人と比べて感染率が20倍も高いとされますが、妊婦さん自身は風邪のような症状といった比較的軽症で済むことが多いとされます[*3]。

赤ちゃんへの影響は?

胎盤を通じて赤ちゃんが感染すると早産や流・死産の原因になることがあるうえ、低出生体重児となる可能性や、赤ちゃんに髄膜炎や水頭症、敗血症、精神・運動障害などが起こるリスクが指摘されています[*3]。

生ハム以外でリステリア菌のリスクが指摘されているのは?

リステリア菌は4℃以下(つまり冷蔵庫の中)、12%の食塩濃度下でも増殖する菌です。

欧米では、加熱処理していない生乳で作ったナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどを原因としたリステリア菌による集団食中毒が発生しています。

また、日本国内で販売されている乳製品や食肉加工品などからもリステリア菌が確認されています。
ただし、中心部分の温度が75℃の状態を1分間以上保つことで滅菌できますので、これを目安に加熱しましょう[*4]。

トキソプラズマの感染リスク

トキソプラズマによる食中毒についてまとめます[*5]。

トキソプラズマに感染するとどんな症状が?

後天的に健康な大人や小児が感染しても発症しないことが多いとされますが、発症した場合は感染した時期やその人の状況によってさまざまな症状が出る可能性があることがわかっています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.