子育て情報『【医師監修】胎児の大きさの調べ方は?測定方法と発育の目安、考えられるトラブル』

【医師監修】胎児の大きさの調べ方は?測定方法と発育の目安、考えられるトラブル

目次

・胎児の発育の目安
・まずは胎児成長曲線をチェック
・胎児の大きさの調べ方って?
・妊婦検診の超音波検査で測って、計算します
・胎児の推定体重には誤差があります
・胎児発育曲線からはみ出していたら
・1回の計測だけで判断しないで
・推定胎児体重が小さ過ぎる場合
・推定胎児体重の誤差
・発育評価には時間が必要
・未熟児でははい
・赤ちゃんの成熟度
・出産予定日は変更しない
・胎児発育曲線との関係
・時間をかけて見守って
・推定胎児体重が大き過ぎる場合
・難産
・合併症
・気になる時には産院で相談を
・まとめ
【医師監修】胎児の大きさの調べ方は?測定方法と発育の目安、考えられるトラブル
この記事の監修ドクター 産婦人科医太田寛先生
アルテミスウィメンズホスピタル産婦人科(東京都東久留米市)勤務。京都大学電気工学科卒業、日本航空羽田整備工場勤務。東京医科歯科大学卒業後、茅ヶ崎徳洲会総合病院、日本赤十字社医療センター、北里大学医学部公衆衛生学助教、瀬戸病院を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士、インフェクションコントロールドクターICD)、女性のヘルスケアアドバイザー、航空級無線通信士

胎児の発育の目安

1131185927

まずは胎児成長曲線をチェック

妊娠中に定期的に行われる妊婦健診では、お腹の赤ちゃんの状態を調べる超音波検査が行われています。この超音波検査は、赤ちゃんが健康に生まれるように、胎児のころから健康を見守り発育を管理するためのものです。

超音波検査の際には、お腹の赤ちゃんの頭やお腹、足などの測定が行われています。これらの数値から、赤ちゃんの推定体重が計算されます。

この推定体重を、母子手帳にも載っている「胎児成長曲線」と測定された数値と照らし合わせることで、赤ちゃんの発育が正常かどうかを確認することができます。胎児成長曲線は、日本人の胎児超音波検査の計測データをもとに作られたものです。

【医師監修】胎児の大きさの調べ方は?測定方法と発育の目安、考えられるトラブル


胎児発育曲線[*1]日本産科婦人科学会「胎児計測と胎児発育曲線について」より作成http://www.jsog.or.jp/public/shusanki/taiji_hatsuiku_kyokusen.pdf

3つの線は、上から「+2.0SD」、「平均」、「-2.0SD」となっています。SDとは標準偏差という意味です。

正常に発育している胎児の95.4%の測定値は、「+2.0SD」~「-2.0SD」の間(赤色の範囲)に入ります。正常に育っている胎児の約98%は、一番下の「-2.0SD」よりも上になります。

ただし、正常に育っていても曲線の外にはみ出す子もいますし、1回の測定値だけでは赤ちゃんが順調に発育しているかどうかはわかりません。あくまで、おおよその目安と考えてくださいね。この範囲から外れている場合には、赤ちゃんがまだ見つかっていないトラブルを抱えていないかなどを考えて、さらに詳しく検査する場合もあります。ただし、誤差も大きいので1回の測定からだけでは、何とも言えません。

胎児の大きさの調べ方って?

妊婦検診の超音波検査で測って、計算します

妊娠中に超音波検査を行う頻度は施設によって異なりますが、毎回行う産院も少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.