子育て情報『【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?』

【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

目次

・着床出血で「生理並みに出血する」ことはある?
・着床出血は「軽い出血」
・そもそも生理の出血量ってどのくらい?
・着床出血なしに妊娠する人のほうが多い
・着床出血と生理を見分ける方法は?
・着床出血の特徴まとめ
・生理と見分ける方法
・妊娠検査薬を使ってみる
・基礎体温が変化したか確認する
・その他の方法はないの?
・まとめ
【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?
この記事の監修ドクター 窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

着床出血で「生理並みに出血する」ことはある?

1191675115


そもそも起こる時期がほとんど同じで、まぎらわしい「着床出血」と「生理」。着床出血で生理ほど出血することはあるのでしょうか。

着床出血は「軽い出血」

着床出血は、一般的に「出血」と聞いて想像するほどの量の血液は出ないとされています。ですから、たとえ着床出血があったとしても、生理並みに出血することはほとんどないと考えられます。

そもそも生理の出血量ってどのくらい?

ただし、生理の量はもともと人によってさまざま。生理期間中の出血量の合計は、正常範囲自体20~140mLと幅があり、多い人では少ない人の7倍も出血しています[*1]。

自分が生理でどのくらい出血しているのか、数字ではなかなかわかりづらいものですが、海外の研究では、ふつうの日用の生理用ナプキンに少しだけ経血が付いていた場合で1~2mL、半分ぐらいなら3mL前後、全体的に広がっていたら5mLぐらいとしているものがあります[*2](実際の量は、ナプキンの大きさや吸収力などによって異なります)。

話を戻すと、もともと生理の量が少ない人では着床出血を生理と勘違いすることもあるかもしれませんが、これは珍しいでしょう。着床出血で生理用ナプキンやタンポンが必要なほど出血することはあまりないようです。

着床出血なしに妊娠する人のほうが多い

着床出血をいまかいまかと待っている人に、もうひとつ知っておいて欲しいことがあります。それは「着床出血は必ずあるものではない」ということ。

むしろ、着床出血なしに妊娠する場合のほうが多いのです。着床出血があるのは、妊娠した女性のうち8~25% [*3]とされています。

着床出血と生理を見分ける方法は?

着床出血は普通、軽い出血であることを説明しましたが、そのほかの特徴などから生理と見分ける方法はあるのでしょうか。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.