子育て情報『【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方』

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

目次

・着床後は何が起こるの?
・胎児になる部分とそれ以外がどんどん育っていく
・妊娠検査薬で陽性が出るようになる
・妊娠はどうやって進むの?
・妊娠期間は初期、中期、後期に分かれる
・まとめ
【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方
この記事の監修ドクター 窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

着床後は何が起こるの?

1129573852


受精卵が子宮内膜にくっつき、もぐり込んでいくのが「着床」です。着床すると「妊娠が成立した」と言えるようになります。着床によって子宮にもぐり込んだ受精卵は、その後どんなふうに変化していくのでしょうか。

胎児になる部分とそれ以外がどんどん育っていく

受精卵は受精した直後は1つの細胞ですが、そこから細胞分裂を繰り返し、時間が経つとともに細胞の数がどんどん増えていきます。この細胞分裂は、卵管から子宮に移動する間に起こるのですが、子宮にたどりつくころの受精卵は「胚盤胞(はいばんほう)」という状態になっています。

「胚盤胞」は、将来、赤ちゃんになる細胞(内細胞塊)と胞胚腔という液体の溜まった部分を、胎盤やへその緒になる細胞(外細胞塊)が包み込んだ構造になっています。子宮内膜への「着床」は、この状態で起こります。着床は、受精から5~6日後ごろに始まり、12日ごろに完了します。

着床したあとは、さらに細胞分裂が進むとともに、将来、体のどの部分になるかの区別がますます細かく分かれていきます。内細胞塊は、外胚葉、中胚葉、内胚葉という3種類に分かれていきますが、それぞれ、おもに表皮・神経、骨・筋肉や心臓・血管など、消化管へと成長していきます。

胚盤胞の中で胎児の元になる細胞が分裂・成長していくのと同時に、外側では胎盤をつくる準備も進んでいます。

妊娠検査薬で陽性が出るようになる

妊娠検査薬は、尿の中にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンがあるかどうかで、妊娠の可能性を調べるものです。hCGは通常、妊娠していないときや男性では分泌されませんが、胚盤胞が着床して、胎盤がつくり始められるとそこから分泌されるようになります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.