子育て情報『【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?』

【医師監修】排卵日の計算方法は?オギノ式ってどんなもの?

排卵日の計算方法:オギノ式とは?

目次

・排卵日の計算方法:オギノ式とは?
・次回生理から排卵のタイミングを導き出す
・次の生理前の12~19日の8日間が受胎期
・長所は全くコストがかからないこと、短所は信頼性
・アプリを活用する方法も
・計算での推測はあくまでも目安にしかならない
・オギノ式以外の排卵日把握方法について
・基礎体温
・頸管粘液の変化
・排卵検査薬(排卵日予測検査薬)
・医療機関での超音波検査
・まとめ
1159109456


妊娠しやすいタイミングを知る方法として、古くから知られているのが「オギノ式」。今でもその基本的な考え方は色あせていません。

次回生理から排卵のタイミングを導き出す

オギノ式の“オギノ”とは、この方法を提唱した荻野久作氏(1882~1975)の名前に由来します。
1924年に荻野久作は、受胎期に関するある学説を発表しました。それは、
・生理(月経)周期の長さにかかわらず、排卵期は次回の生理前12~16日の5日間
・受胎期は次回生理前12~19日の8日間
というもの。

2


その後、ドイツ語で海外に向けて発表され、後にこの学説の理論的な正しさが認められて、海外では避妊法として利用されるようになりました。荻野氏自身はこの方法を、妊娠を望む夫婦のための方法として唱えたそうです。

次の生理前の12~19日の8日間が受胎期

オギノ式では、精子では2~3日、卵子は排卵後10~24時間が受精能力のある期間とし、排卵の3日前から排卵1日後まで、つまり次回の生理予定の前12~19日の8日間を、妊娠が成立する可能性が高い受胎期としています[*1,2]。

生理周期を過去1年、少なくとも6ヶ月間は記録したうえで、上記に当てはめて計算します。

長所は全くコストがかからないこと、短所は信頼性

924558574


オギノ式の長所は、器具や薬品などが一切不要という点で経済的にも負担になりません。

一方、短所は失敗率が高いということ。ここで言う失敗率とは、オギノ式が海外で利用される際の主たる目的であった「避妊」の失敗率という意味で、つまり計算上の受胎日を避けて性交をしても妊娠してしまうことがあるということです。

妊娠するためにオギノ式を活用する場合は「失敗」と言えませんが、妊娠するために受胎期の8日間、毎日性交するのは少し効率が悪いので、このあと解説する方法も試してみましょう。

アプリを活用する方法も

1142333396
最近は、排卵日を予測できるスマートフォンやパソコンの無料アプリケーションがあります。後述するように、基礎体温は排卵日の目安となる情報であり、その基礎体温のデータをグラフで管理したり、生理や体調などが記録できる機能が付いています。そのデータをもとに、排卵推定日や生理開始推定日などを教えてくれます。

計算での推測はあくまでも目安にしかならない

1172418294


ただし、厳密に言うと排卵の日時を計算で推定することには困難が伴います。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.