子育て情報『【医師監修】妊婦にローストビーフはNG? 安全な食を守るヒント』

【医師監修】妊婦にローストビーフはNG? 安全な食を守るヒント

妊娠中にローストビーフを食べてもいい?

目次

・妊娠中にローストビーフを食べてもいい?
・トキソプラズマ症とは?
・トキソプラズマの検査があるの?
・ほかの食中毒のリスクもある?
・まとめ
1157901874


ローストビーフはイギリスの伝統的な料理ですが、最近はレストランだけでなくスーパーのお惣菜売り場でも見かける、とても身近な肉料理です。

適切な方法で調理されたローストビーフはその名の通り「焼いた肉」で、焼き目のついていない部分にも火が通っている料理です。生肉ではないわけですが、妊娠中に気をつけたいトキソプラズマなど寄生虫感染や食中毒のリスクがないとはいい切れません。

なぜなら、日本の食品衛生法の加熱殺菌基準の分類でローストビーフは「特定加熱食肉製品」に当たり、「材料の肉塊の中心部を63℃で瞬時またはそれと同等以上の加熱する」など細かく基準が定められていて[*1]、肉の旨味や柔らかさを保つためにこれ以上の加熱は避けて調理されていることがあると考えられます。

しかし、食肉のトキソプラズマの感染する能力をなくす(不活化する)には、「中心部が67℃になるまでの加熱(あるいは中心が-12℃になるまでの凍結)」が必要とされ[*2]、加熱が不十分な場合や材料の牛肉が冷蔵処理されていた(冷凍されていない)場合、病原虫の感染能を排除できていない可能性があるのです。

松峯先生:
「妊娠中に限っては、たくさんの肉料理の中であえてローストビーフを選ぶこともなく、避けるのが無難でしょう。また、家庭では加熱温度管理など適切な調理が難しい料理なので、自家製についてもNGと考えましょう。」
なお、先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」は「妊娠中の感染予防のための注意事項 – 11か条」内で「妊娠中に食べないよう勧める食品リスト」にローストビーフを加えています。

参考:トーチの会
「妊婦さんへ妊娠中の母子感染を防ぐための11か条」
https://toxo-cmv.org/for_maternity/

トキソプラズマ症とは?

952845364


トキソプラズマ症はトキソプラズマという病原虫が原因の感染症です。感染経路としては主に、加熱処理が不十分な肉、土や猫のフンなどがあります。妊娠中の女性がトキソプラズマに初めて感染すると、トキソプラズマが胎盤を通じて赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症になる可能性があります[*2]。その場合、流・死産につながることもあり、また、赤ちゃんの症状が現れないケースから重い症状が現れるケースまで、さまざまだとされています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.