子育て情報『【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?』

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

「子宮口、3cm」の意味は?

お産が近づくと赤ちゃんは徐々に下ってきて、頭が骨盤の入り口に固定され、子宮口を押し広げます。主治医から「子宮口、3cm」と言われたら、その広がり具合が「3cm」という意味です。この状態は、医学的には子宮口開大曲線の「加速期※」にあると診断されます[*1]。

目次

・「子宮口、3cm」の意味は?
・「3cm」から、その後どうなるの?
・陣痛までの過ごし方は?
・陣痛に備える時間をどう過ごす?
・腹式呼吸でリラックスをし、痛みを緩和
・適度な活動
・排泄はがまんしない
・軽い食事と水分補給
・パートナーや家族がするといいことは?
・陣痛間隔測定
・はげましや労い
・マッサージ
・水分補給、食事のサポート
・まとめ


Friedman


※加速期とは:陣痛が始まってから子宮口が全開大(10cm)になるまでを「分娩第1期」と呼び、分娩第1期はさらに「潜伏期(ゆっくりお産が進む)」と「活動期(本格的にお産が進む)」に分けられます。加速期は活動期の序盤にあたります。なお、子宮口全開大から胎児が出てくるまでが「分娩第2期」、胎児が出てから胎盤が出てくるまでが「分娩第3期」。

なお、赤ちゃんの頭がママの骨盤内に下りてきて固定されるタイミングは初産婦と経産婦で違っていて、初産婦では妊娠10ヶ月(36〜39週)ごろ、経産婦は分娩開始近くとされます[*2]。

松峯先生:
「子宮口が開くのは赤ちゃんの下降の結果で、主治医は子宮口の開大度だけでなく、赤ちゃんの下降の状態と陣痛の強さ・間隔、それらの相関を注意して診て、お産の時期や分娩方法について検討しています」

「3cm」から、その後どうなるの?

922210924


一般的に、その時点で分娩につながる陣痛が起きていれば、子宮口の開大度は大きくなっていきます。
4cmを超えると医学的に子宮口開大曲線の「極期」と診断され、さらに加速度がついて広がっていき、分娩時にはおおむね10cmとなります[*1]。

つまり、すでに「1時間に6回以上で規則的な陣痛」が起きていれば、開大度3cm時点は「分娩第1期(開口期)」に入っていると考えられ、入院して出産にのぞむこととなるのです[*3]。

ただし3cm時点(開大度7~8cm以前)では、まだ分娩がどんなペースで進むか、実際にはわからない場合も少なくありません。

「前駆陣痛」と言って子宮の収縮が起こす不規則で弱い痛みがある場合も、赤ちゃんの進みがゆっくりですぐに分娩につながる陣痛に至らないこともあります。

松峯先生:
「数時間で分娩につながる陣痛が起こることもあれば、前駆陣痛が2、3日間、続く人もいます。一旦、帰宅をして本格的な陣痛を待つことはまれではありません。いつ生まれる?!などと焦らずに、リラックスしてお散歩などして過ごしましょう」

陣痛までの過ごし方は?

1156386975


主治医から「子宮口、3cm」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.