子育て情報『【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?』

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?

はげましや労い

陣痛に耐えている妊婦さんを労い、はげましの声をかけてあげましょう。

松峯先生:
「 “大したことない”“出産する女性は誰でも経験すること”などとは決して言わず、痛みをただ受け止めてあげ、労ってください。労いの言葉が妊婦さんを和ませます。安全な分娩も一大仕事ですから、メンタルのサポートがあると心強いです」

マッサージ

妊婦さんの要望を聞き、腰などをさすったり、マッサージすると痛みがまぎれるようなら、はげましの声をかけながらマッサージしましょう。

松峯先生:
「“手当て”という言葉がある通り、親しい人の手がやさしく触れると安心し、心身の緊張がほぐれます。てのひらを妊婦さんが希望するところに当てるだけでもいいので、やさしくケアしてください」

水分補給、食事のサポート

136810373


分娩前に適度な水分と軽食の補給ができるようサポートしてください。

まとめ

子宮口の開大度が3cm時点では、前駆陣痛の段階にある、分娩につながる陣痛が始まっているなど、人によって状態が違い、分娩までの時間や過ごし方も違ってきます。分娩は「1時間に6回以上の規則的な陣痛」が起きてから始まるので、まだの場合はそれまでなるべくリラックスして過ごすことが大切で、不安なことがあればすぐ産科に連絡し、主治医や助産師とコミュニケーションをとりながら、陣痛を待ちましょう。

【医師監修】産科で「子宮口、3センチ」と言われたら? お産は近い?
この記事の監修ドクター 松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 正常経腟分娩の管理
http://fa.kyorin.co.jp/jsog/readPDF.php?file=to63/60/10/KJ00005047149.pdf
[*2] 「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア),p11
[*3] 「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア),p228.230
[*4] 「病気がみえるvol.10 産科」(メディックメディア)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.