子育て情報『離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月7日 17:19

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

なす、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・なす、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・なすはどんな野菜?
・なすの旬の時期は「夏・秋」
・なすは種類が豊富
・離乳食のなす、下処理・下ごしらえの方法
・皮むき・ヘタ取りのコツ
・加熱のコツ
・なすの離乳食、よくある疑問
・どんな種類のなすでも赤ちゃんにあげていいの?
・焼くレシピでもアク抜きは必要?
・なすって味がない?
・なすの離乳食レシピ!中期・後期・完了期
・<離乳中期のレシピ>なすの煮びたし
・材料
・作り方
・<離乳後期のレシピ>なすとトマトのラタトゥイユ
・材料
・作り方
・<離乳完了期のレシピ>マーボーなす
・材料
・作り方
・まとめ
離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】


なすは、皮に厚みがあって食物繊維が多く、灰汁が強いこともあるので、初期は積極的に取り入れなくてもいい野菜です。使うにしても少量にしましょう。

・初期の調理:食べさせる場合は、しっかり茹でとろとろの状態に裏ごしする
・中期の調理:しっかり茹で細かくきざむ。とろみをつけてもGood
・後期の調理:しっかり茹で粗みじんに。とろみをつけてもGood
・完了期の調理:茹でるほか、少量の油で焼いてもOK

8635

■ワンポイントアドバイス■ なすはアクが強いので、ボールに水をはり10分ほどさらして“アク抜き”しましょう。
加熱すればとろとろになりますが、食物繊維が豊富なのでしっかり茹でてくださいね。

なすはどんな野菜?

なすの旬の時期は「夏・秋」

なすは年間を通じて店頭に並ぶ野菜ですが、旬は種類によって多少異なり、多くの場合は初夏から初秋にかけて。夏野菜のイメージが強いですが、秋に収穫する「秋なす」も人気です。

1095147072

なすは種類が豊富

全国各地で生産されるなすですが、品種によって見た目や味わいが異なります。丸いものや小さいもの、長細いもの、水分が多いもの、中には生食向けに糖度を高くする品種改良されたなすもあります。

離乳食のなす、下処理・下ごしらえの方法

皮むき・ヘタ取りのコツ

1171878550


新鮮なものほどヘタがトゲトゲしているので、気をつけて切り落とします。
皮は厚いのでピーラーなどでしっかりむきます。

加熱のコツ

水にさらしたなすを1cm厚くらいに輪切りにして、果肉の色が変わり箸などでほぐれるようになるまで加熱します。電子レンジをつかっての加熱も可能です。
後期以降は皮をむかずに少量の油で焼き、やわらかい部分をつかってもよいでしょう。

■ワンポイントアドバイス■ 大人もシンプルにおいしく食べられるなす。茹でた時は冷やして、油との相性も良いので揚げびたしなどもオススメです。

なすの離乳食、よくある疑問

947843812

どんな種類のなすでも赤ちゃんにあげていいの?

なすは加熱するとやわらかくなるので種類を問わず与える事ができます。8月以降に収穫されるものは身も締まり、種が少なく食べやすいでしょう。

焼くレシピでもアク抜きは必要?

大人だと、塩を振りかける事でアク抜きできますが、離乳期に塩を添加することは避けたいので、水で10分ほどさらしてからの調理をオススメします。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.