子育て情報『離乳食のかぶはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月31日 16:57

離乳食のかぶはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

かぶ、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・かぶ、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・かぶはどんな野菜?旬と栄養素
・かぶの旬は2回
・根っこと葉っぱで異なる、かぶの栄養
・離乳食のかぶ、下処理・下ごしらえの方法
・洗い方・皮のむき方のコツ
・加熱のコツ
・かぶの離乳食、よくある疑問
・繊維が少ない種類のかぶはある?
・かぶは冷凍保存できる?
・葉がついている場合の保存方法は?
・かぶの離乳食レシピ!初期・中期・後期
・<離乳初期のレシピ>かぶの和風ポタージュ
・材料(作りやすい分量)
・作り方
・<離乳中期のレシピ>かぶのささみあんかけ
・材料(作りやすい分量)
・作り方
・<離乳後期のレシピ>かぶのじっくり焼き
・材料
・作り方
・まとめ
離乳食のかぶはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】


・初期の調理:やわらかくなるまで水から茹で、なめらかにすりつぶす
・中期の調理:やわらかくなるまで水から茹で、粗くつぶすか細かくきざむ
・後期の調理:指で潰せるくらいのやわらかさになるまで水から茹で、厚さ5mmくらいの薄切りなどにする(喉につまる大きさは避ける)
・完了期の調理:指で潰せるくらいのやわらかさになるまで水から茹で、厚さ1cmくらいに切る

かぶはどんな野菜?旬と栄養素

1149632458

かぶの旬は2回

店頭に多く並んでいる種類のかぶの旬は10〜12月ごろ。また、3〜4月ごろも甘みが出ておいしいかぶが多くあります。

根っこと葉っぱで異なる、かぶの栄養

516263776


新鮮なものは青々とした葉っぱも一緒に売られていますが、根っこと葉っぱでは味わいも多く含まれる栄養素も異なります。とくに葉の部分は緑黄色野菜で栄養価が高いので、離乳の進み具合に応じて両方おいしく食べられるといいですね。

■ワンポイントアドバイス■ 葉の部分は少し硬いので、やわらかく茹でます。始めるのは、完了期ごろからにしましょう。

離乳食のかぶ、下処理・下ごしらえの方法

8372

洗い方・皮のむき方のコツ

葉の部分は、水の中で振り洗いして異物や汚れを取り除きます
根の部分はしっかり洗った後、皮の近くに繊維がたくさんあるため、厚め(5mmくらい)にしっかり皮をむきましょう。

8372

■ワンポイントアドバイス■ 皮は思い切った厚みでむくことで、筋がなくやわらかくなります。

加熱のコツ

少し大きめに切り、水から茹でます。かぶは水分が多いので、早くやわらかくなりますよ。

かぶの離乳食、よくある疑問

1256788319

繊維が少ない種類のかぶはある?

かぶには非常に多くの品種がありますが、購入時に明確な品種情報を得られるとも限りません。かぶの繊維については、品種よりもかぶの成長度合いが関係しているようです。大きすぎるかぶは繊維が硬くなっている可能性がありますので、小さめのものを選ぶといいかもしれません。

かぶは冷凍保存できる?

水分が多いため、冷凍・解凍によって組織が軟化します。離乳初期・中期の離乳食に使用するものについては、冷凍することでより早くやわらかく加熱することが可能ですが、離乳後期以降や大人用に使用する場合は、冷凍しない方がかぶらしいジューシーな食感を楽しめるでしょう。

葉がついている場合の保存方法は?

844984338


かぶの葉は収穫後も呼吸を続けており、成長していると言えます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.