子育て情報『離乳食の牛肉はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月28日 11:15

離乳食の牛肉はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

牛肉、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・牛肉、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・気をつけたい牛肉の始め方
・牛肉はどこの部位がいいの?
・離乳食の牛肉、下処理・加熱のポイント
・下処理のポイント
・食べやすくするコツ
・牛肉の離乳食、よくある疑問
・牛肉は冷凍保存もできる?
・牛乳アレルギーだと、牛肉もNG?
・牛肉の離乳食レシピ!中期・後期・完了期
・<離乳中期のレシピ>牛肉のトマトパンがゆ…
・材料(1回量)
・作り方
・<離乳後期のレシピ>牛肉となすのトロミ煮
・材料(約1回量)
・作り方
・<離乳完了期のレシピ>ベビー牛丼
・材料(約1回量)
・作り方
・まとめ
8389


・中期の調理:茹でて火を通し、細かくきざんでからすりつぶし、ペースト状にしてから調理
・後期の調理:茹でて火を通し、細かくきざんでから調理
・完了期の調理:茹でて火を通し、粗くきざんでから調理

■ワンポイントアドバイス■ 中期でも、繊維を断ってなめらかにしてあげることで取り入れることができます。

気をつけたい牛肉の始め方

牛肉は中期(生後7ヶ月ごろ)から使うことができますが、最初はペースト状にしましょう。後期(生後9ヶ月ごろ)くらいになったら、きざんで食べさせても大丈夫です。
牛肉はアレルギーを起こす可能性がある食材なので、初めての日は少量を様子を見ながらあげましょう。

牛肉はどこの部位がいいの?

468329068


牛肉は、血や筋肉のもととなるたんぱく質が豊富です。また、生後6ヶ月ごろから赤ちゃんに不足しやすい鉄分も含まれています。中でも特に鉄分が多いのが赤身肉。

赤ちゃんには脂肪分の少ないヒレ肉から始めるとよいでしょう。もも肉も脂肪分が少ない部位ですが、白い脂身の部分を取り除く必要があります。なお、霜降り肉はやわらかいですが、脂肪分が多いので避けましょうね。

離乳食の牛肉、下処理・加熱のポイント

1053197860

下処理のポイント

脂肪分が多い脂身は、切り取ってから調理をしましょう。
また、厚みのある肉の場合は、包丁の背で筋を切るようにたたくとやわらかくなりますよ。

食べやすくするコツ

621271582


肉汁を閉じ込め、噛みやすくなるので、片栗粉をまぶしてから火を通すのがおすすめです。加熱後に食べやすい大きさに切りましょう。
また、独特な肉の香りを好まない場合は、トマト、チーズ、バター、ごま油、だし汁、醤油、みそなどと組み合わせると食べやすくなります。

■ワンポイントアドバイス■ 大人は牛肉をレアで食べることがありますが、赤ちゃんは食中毒菌には弱いので十分な加熱が必要です。

牛肉の離乳食、よくある疑問

牛肉は冷凍保存もできる?

冷凍OKです。ペーストや茹でてからきざんで、1回分の量ごとに小分けにして冷凍すると便利です。

牛乳アレルギーだと、牛肉もNG?

172296306


牛乳アレルギーがあっても、牛肉を除去する必要はないことが多いです。
必要以上に除去をしてしまうと栄養の欠乏も心配です。不安が残るようであれば医師に相談しましょう。

牛肉の離乳食レシピ!中期・後期・完了期

147205718

<離乳中期のレシピ>牛肉のトマトパンがゆ


関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.