子育て情報『離乳食のエビはいつから?後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月30日 08:00

離乳食のエビはいつから?後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

エビ、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・エビ、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・エビはどんな種類がある?栄養素は?
・エビは茹でるとどうして赤くなるの?
・離乳食のエビ、下処理・加熱のポイント
・加熱のコツ
・下処理のコツ
・エビの離乳食、よくある疑問
・エビでアレルギーを起こすことはある?
・冷凍保存もできる?
・エビの離乳食レシピ!後期・完了期
・<離乳後期のレシピ>エビとチンゲン菜のみそ炒め
・材料(約2回量)
・作り方
・<離乳後期のレシピ>エビドリア
・材料(約2回量)
・作り方
・<離乳完了期のレシピ>エビチーズおやき
・材料(作りやすい量)
・作り方
・まとめ
離乳食のエビはいつから?後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】


エビを食べさせるのは完了期以降、早くても後期以降がいいでしょう。初めてあげる時は、赤ちゃんの体調がいい日に、少量から試して様子をみましょう。

・後期の調理:殻をはずし、細かく切ったり、すり身にして十分に加熱調理
・完了期の調理:殻をはずし、細かく切ったり、すり身にして十分に加熱調理

■ワンポイントアドバイス■ 冷凍を使う場合もしっかりと加熱調理をしましょう。

エビはどんな種類がある?栄養素は?

1216385968


エビはたんぱく質が多く、脂質の少ない食材です。
世界中に多くの種類が生息し、漁獲されています。私達の食卓にのぼるのはクルマエビ、イセエビ、シバエビ、アマエビ、サクラエビ、ブラックタイガー、バナメイエビなどで、どの種類でも栄養素やアレルゲンは大きくは変わりません。

エビは茹でるとどうして赤くなるの?

1147733829


加熱前のエビの色は、アスタキサンチンとたんぱく質が結合した色素たんぱく質の色なので、緑・紫・褐色などの色をしています。
加熱で色が変わるのは、色素たんぱく質からアスタキサンチンが放出されて赤色になるためとされています。

離乳食のエビ、下処理・加熱のポイント

加熱のコツ

1177159189


甘エビなど刺身で大人は食べることがありますが、赤ちゃんは食中毒菌には弱いので、刺身用であっても十分に加熱殺菌をしましょう。

下処理のコツ

エビの背中には黒い筋のようなものがあり、これを背ワタといいます。背ワタはエビの消化器官でこれが付いたまま調理すると生臭さが出て、おいしくないので、取り除いてあげましょう。

1262355900

■ワンポイントアドバイス■ お店によっては背ワタを処理してから売っているところもあり、そういう商品を利用すると便利ですね。

エビの離乳食、よくある疑問

1248748923

エビでアレルギーを起こすことはある?

エビはアレルギーの心配がある食材の1つ(甲殻類アレルギー)で、小学生ぐらいから増えてきます。離乳食の時期に起こることあまり多くありませんが、エビを初めて与える時は赤ちゃんの体調のいい日を選び、少量を様子をみながらあげましょう。

冷凍保存もできる?

942313814


茹でてから切って、1回分の量ごとに小分けにして冷凍すると便利。またもちろん冷凍エビも手軽でいいですね。

エビの離乳食レシピ!後期・完了期

1251249254

<離乳後期のレシピ>エビとチンゲン菜のみそ炒め

材料(約2回量)

・エビ芝エビサイズ4尾程度
・チンゲンサイ(葉先のみ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.