子育て情報『離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月16日 11:37

離乳食のりんごはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

りんご、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・りんご、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・りんごははどんな果物?旬と栄養素
・りんごの旬はある?
・りんごの栄養
・離乳食のりんご、下処理・下ごしらえの方法
・洗い方のコツ
・調理上の注意点
・りんごの離乳食、よくある疑問
・加熱しなきゃだめ?
・茶色く変色したものは食べてもいい?
・切り方
・りんごの離乳食レシピ!初期・中期・後期
・<離乳初期のレシピ>りんごとほうれん草のペースト
・材料
・作り方
・<離乳中期のレシピ>りんごとさつまいものサラダ
・材料
・作り方
・<離乳後期のレシピ>りんご蒸しパン
・材料(仕上がりサイズ:直径6cm、高さ3cm)
・作り方
・まとめ
8404


・初期の調理:すりおろして裏ごしし、果汁を与える
・中期の調理:すりおろす
・後期の調理:かたいので細かくきざんだものを加熱する
・完了期の調理:かたいので1cm大にきざんだものを加熱する

■ワンポイントアドバイス■ 離乳後期以降、カットしたりんごはかたいので、少し加熱することで食べやすくなります。

りんごははどんな果物?旬と栄養素

りんごの旬はある?

りんごの旬は秋〜冬ごろというイメージですが、おいしく食べられる時期は品種によって異なります。現在では多くの品種が登場して、中には8〜11月ごろに収穫期を迎えるものがあります。
日本での総収穫量の5割以上を占める「ふじ」は11月ごろに収穫され、春ごろまでおいしく食べられる品種です。

670941496

りんごの栄養

りんごは食物繊維が豊富です。りんごに含まれる食物繊維の成分であるペクチンは、大腸で腸内細菌による発酵分解を受けることで、腸内環境によい影響を及ぼすと考えられています。

離乳食のりんご、下処理・下ごしらえの方法

洗い方のコツ

1146433566


包装せずに売られている場合もあるため、表面を水でしっかり洗いましょう。

調理上の注意点

普段からそうですが、そのまま食べる場合は特に、包丁やまな板など調理で使用する器具が清潔であることを確認しましょう。

■ワンポイントアドバイス■ 冷蔵庫で保管することで長く食べごろ状態をキープできますよ。

りんごの離乳食、よくある疑問

加熱しなきゃだめ?

938973480


大人は果物を加熱して食べることは少ないですよね。離乳食においては、赤ちゃんに食べさせる場合の衛生面を第一に考えなければいけません。

必ず加熱しなければならない、というわけではありませんが、使う包丁やまな板、おろし金などに菌などが付着しているリスクを考え、特に離乳初期では加熱する方がより安心です。また、加熱することでりんごのアレルギー発症が抑制される点からも、加熱する方が安心と言えます。

茶色く変色したものは食べてもいい?

1140999282


りんごの果肉は酸素に触れることで茶色く変色しますが、食べても問題はありません。変色が気になる場合は、りんごの種から遠い部分の果肉には変色に関わる成分が少ないため、中心部よりやや外側部分の果肉を利用するといいかもしれません。

切り方

離乳期の赤ちゃんにはかたくて食べにくいりんご。くし切りを切り分けたブロック状の形は喉に詰めやすく危険です。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.