子育て情報『離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】』

2020年8月26日 08:15

離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

桃、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?

目次

・桃、赤ちゃんは離乳食でいつから食べていいの?
・桃ってどんな果物?
・桃の旬は?
・桃の栄養価は?
・桃は加熱したほうがいい?
・桃の離乳食、よくある疑問
・桃の保存は冷蔵庫?
・桃の缶詰は離乳食でOK?
・赤ちゃんが食べたいだけ食べていい?
・桃の離乳食レシピ!中期・後期・完了期
・<離乳中期のレシピ>桃ジュレ
・材料
・作り方
・<離乳後期のレシピ>鯛のソテー桃ソース
・材料
・作り方
・<離乳完了期のレシピ>桃の豚肉巻き
・材料
・作り方
・まとめ
離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】


桃はアレルギー表示推奨品目に指定されています。離乳食を始めたばかりはまだ食べさせず、離乳食に慣れてきたら様子をみてあげるといいでしょう。

・初期の調理:果汁にしたり、すりつぶしたりする
・中期の調理:皮と種をとり、小さくきざむ
・後期の調理:皮と種をとり、きざむ
・完了期の調理:皮と種をとり、食べやすい大きさに切る

■ワンポイントアドバイス■ 桃はジューシーで酸味などもなく、とっても食べやすい果物です。しかし、アレルギーが出やすいもののひとつなので、初めて食べさせる時には少量からとし、量や頻度にも気をつけましょう。

桃ってどんな果物?

1165098902

桃の旬は?

桃は、7月~9月頃の夏が旬です。日本では岡山県の「白桃」が桃の元祖、といわれています。

桃の栄養価は?

1033080994


桃は整腸作用のあるペクチンが豊富に含まれています。たくさん食べるわけではないので、赤ちゃんの便秘に効果がある!というほどではありませんが、ママやパパも一緒に食べると便通がよくなるかもしれませんね。

桃は加熱したほうがいい?

生でも食べられるものですが、むいたり切ったりしている間に、まな板や包丁から雑菌がついてしまうこともあるので、食中毒を予防する点で果物も加熱することがおすすめされています。慣れてきたら、生で一緒に食べるのもよいですね。

生で食べるときは特に、まな板や包丁が清潔かどうかしっかり確認しましょう。

■ワンポイントアドバイス■ 皮をむくだけでおいしく食べられる桃ですが、赤ちゃんには衛生面とアレルギーへ配慮が必要です。様子をみながら、生の桃にもチャレンジしていきましょう。

桃の離乳食、よくある疑問

1023928644

桃の保存は冷蔵庫?

日持ちがあまりしない桃ですが、冷蔵庫で保存すると甘味が落ちてしまうといわれています。常温で、やわらかみを感じたころに早めに食べましょう。

桃の缶詰は離乳食でOK?

537392268


皮がむいてあり、そのまま食べられる缶詰は便利ですが、シロップ煮になっているため、赤ちゃんには糖分が心配です。使うのであれば、茹でこぼすなどして、甘味を減らす工夫をしましょう。

赤ちゃんが食べたいだけ食べていい?

1160903394


果物は甘くておいしいですが、食べすぎもよくありません。東京都幼児向け食事バランスガイドや日本人の食事摂取基準から考えると、完了期で1日の果物の摂取目安量は、桃50gくらいと考えましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.