子育て情報『離乳食の初期(生後5ヶ月・6ヶ月ごろ)の進め方は?ゴックン期の量とかたさ【管理栄養士監修】』

2020年9月29日 17:40

離乳食の初期(生後5ヶ月・6ヶ月ごろ)の進め方は?ゴックン期の量とかたさ【管理栄養士監修】

離乳食開始はいつ?離乳初期=ゴックン期⁉

目次

・離乳食開始はいつ?離乳初期=ゴックン期⁉
・離乳期って? 時期はどう分かれる
・離乳初期は「ゴックン期」⁉
・離乳初期の進め方
・始める前に知っておきたい基本
・1. 始める日と時間は「赤ちゃんの体調と機嫌」を見て
・2. 焦らず「慣らすこと」から
・3.離乳初期の授乳は「これまで通りの量と間隔」で
・量・大きさ・かたさの目安と調理法
・初めては1さじから
・とろとろのペーストに
・量と大きさ・かたさの目安
・炭水化物(ご飯・麺類・パンなど)
・ビタミン・ミネラル(野菜・果物など)
・たんぱく質(肉・魚・卵など)
・2回食への進め方
・離乳初期によくある悩みQ&A
・スプーンを嫌がって押し出してしまう
・なかなか食べてくれないのはなぜ?
・もっとほしがるときは?
・離乳食を始めたら便秘・下痢になった
・まとめ
109592033


離乳食は、エネルギーや栄養素をとるためだけでなく、食べる練習をしながら“食への意欲や楽しさを育てる”という目的もあります。

月齢の目安としては生後5~6ヶ月ごろから※となりますが、月齢だけでなく、子供の発達や発育の状況も踏まえて開始時期を判断していきましょう。

具体的には、生後5~6ヶ月ごろ、首すわり・寝返り・一人座り(5秒間程度)などの発達具合や、食べ物への興味(家族の食事を見てよだれを垂らすなど)、スプーンを口に入れても舌で押し出さない等が離乳開始のOKサインになります。

※早産で生まれた赤ちゃんの場合は、修正月齢の方を目安にしてください。

【専門家監修】離乳食の始め方・進め方の目安とポイント
https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7551

離乳期って? 時期はどう分かれる

離乳食を通じて赤ちゃんはどんどん食べることが上手になってきますが、最初からなんでもよく噛んで食べられるわけではありません。なので、舌・あご・歯(歯ぐき)や消化器官の発達状態など、赤ちゃんの成長段階に応じて量や大きさ、かたさなどを調整する必要があります。

離乳期はその段階ごとに以下のように分けて考えます。

・離乳初期(月齢の目安:5〜6ヶ月ごろ)
・離乳中期(月齢の目安:7〜8ヶ月ごろ)
・離乳後期(月齢の目安:9〜11ヶ月ごろ)
・離乳完了期(月齢の目安:12〜18ヶ月ごろ)

離乳初期は「ゴックン期」⁉

離乳食をスタートさせたばかりの離乳初期は、まだ口の中でつぶしたり噛んだりできず、舌の上の食べ物を奥に押し込んで飲み込みます。なめらかにすりつぶし、とろとろのポタージュ状にした離乳食を「ゴックン」と飲み込むので、一般的に「ゴックン期」と言ったりします。

離乳初期の進め方

離乳食のスタート、最初は何をどのように食べさせればいいのでしょうか。離乳初期の基礎知識や「ゴックン期」に最適な調理法などをお伝えします。

始める前に知っておきたい基本

調理法や食べさせ方など詳しい進め方について見ていく前に、離乳食を始めるうえで知っておきたい3つのポイントを押さえておきましょう。

1. 始める日と時間は「赤ちゃんの体調と機嫌」を見て

1167098133


離乳食は、赤ちゃんの体調の良い日に始めましょう。あげるタイミングは、赤ちゃんの機嫌が良い頃合いを見計らって。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.