子育て情報『【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト』

【医師監修】妊娠後期の食事のポイントは? トラブル別、摂りたい食材リスト

妊娠後期の食事のポイントってあるの?

目次

・妊娠後期の食事のポイントってあるの?
・「妊娠中はバランスよく食べる」が基本
・妊娠後期に付加量が増える栄養素
・妊娠後期のお悩み別、摂りたい食材リストはこれ!
・便秘がひどい
・便秘予防のための食事のポイント
・貧血が辛い
・「貧血」予防のための食事のポイント[*2, 3]
・「むくみ」がひどい
・「むくみ」予防のための食事のポイント
・脚がつる(こむらがえり)
・「脚がつる」のを予防する食事のポイント
・いずれも急に悪化/続いて辛い場合は受診を
・まとめ
1162131936


だいぶ出産の日が近づいてきた妊娠後期。このころの食事で気を付けたいポイントはあるのでしょうか。

「妊娠中はバランスよく食べる」が基本

エネルギーやビタミン、ミネラルなど、妊娠後期に摂取量を増やしたい栄養素もありますが、なんでも多めに摂れば良いということではありません。不足も摂りすぎも良くありません。妊娠中は妊娠後期も含め、「主食」「主菜(メインディッシュ)」「副菜(小鉢や汁物)」「牛乳・乳製品」「果物」を「バランスよく」食べることが大切です。

とはいえ、「何をどれくらい食べるのが適量か」はなかなかわかりませんよね。厚生労働省が公表している「妊産婦のための食生活指針」では、例えば、主食に限って言うと、

■非妊娠時(例):一日に「朝:食パン2枚、昼:うどん1杯、夜:ごはん中盛り1杯」
■妊娠後期(例):上記に一日「おにぎり1個」を追加

といった具体例を紹介しています。妊娠後期に「どんな食べ物をどのくらい増やせばいいかわからない」「食べ過ぎてないか知りたい」といったときに参照してみてください。

厚生労働省「妊産婦のための食生活指針」https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3b02.pdf

妊娠後期に付加量が増える栄養素

なお、妊娠後期にそれまでに比べて付加量が増える栄養素は、下記の4つです[*1]。

栄養素 非妊娠時(18~49歳の女性) 妊娠後期の付加量 妊娠後期の摂取推奨量 エネルギー(kcal/日) 2,000~2,050(身体活動レベルふつうの場合) 450 2,450~2,500(kcal/日) たんぱく質(g/日) 50 25 75(g/日) ビタミンA(μRAE/日) 650~700 80 730~780(μRAE/日) 鉄(mg/日) 6.5(月経なしの場合) 9.5 16(mg/日) table { border-collapse: collapse;margin: 0 auto;}th { border: solid 1px; padding: 0.5em;text-align: center;}td { border: solid 1px; padding: 0.5em;}
これらも含め、妊婦さんが摂っておきたい全栄養素の摂取推奨量は、下記で確認できます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.