子育て情報『【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介』

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠中期の便秘に試したい改善法4つ

目次

・妊娠中期の便秘に試したい改善法4つ
・妊娠中期に便秘になりやすいのはなぜ?
・改善法1:水分と朝食の摂取で「腸を刺激してみる」
・改善法2:食物繊維で「腸内環境を整える」
・改善法3:決まった時間にトイレに行き「排便する習慣をつける」
・改善法4:体を動かすことで「腸のぜん動運動を促す」
・悪化する前に医師に相談を
・妊婦さんに合った薬を処方してもらおう
・とくにこんな症状があったらすぐに受診して!
・妊娠中期の便秘で気になるQ&A
・Q.排便するとき、いきんでもいいの?
・Q.お腹が張っている気がするけど、便秘のせいかどうかわからない。どうしたらいい?
・まとめ
1172593893


この時期、便秘になりやすい理由と、便秘がちな時に試すと良い方法を4つ紹介します。

妊娠中期に便秘になりやすいのはなぜ?

妊娠すると便通が悪くなりがちです。これは妊娠中に「プロゲステロン」という女性ホルモンが多く分泌されるようになり、それによって「腸の動きが悪くなる」からです。また、そのために排出されるまでの時間が長くなるせいで水分などが吸収されすぎて「便が硬くなる」ので、ますます排便しづらくなるのです。

お腹の中で赤ちゃんが成長するにつれ、大きくなっていく子宮が腸を圧迫することもあって、妊娠週数が進むと腸の動きはますます悪くなっていきます。こんな理由で、便秘は妊娠中期によくあるマイナートラブルなのです。

次に、便秘がちになってきたらまず試してみて欲しいことを4つ紹介します。

改善法1:水分と朝食の摂取で「腸を刺激してみる」

朝起きたら、まずコップ1杯の水分を摂ります。また、毎日できるだけ同じ時間帯に、十分な時間をかけて朝食を摂ります。これによって、腸を刺激し便通を促すとともに、排便のリズムを整えます。

改善法2:食物繊維で「腸内環境を整える」

食物繊維をたっぷり含む食品を積極的に摂りましょう。食物繊維には、便を柔らかくして腸を通過しやすくする「水溶性食物繊維」と、水分を吸うと膨らんで便のカサを増やし腸のぜん動を促す「不溶性食物繊維」があります。

水溶性は果物や海藻、大麦など、不溶性は豆類、根菜類、野菜類、きのこ類などに多く含まれています。ともに腸内で発酵・分解されることでビフィズス菌などを増やし、腸内環境の改善に役立ちます。

改善法3:決まった時間にトイレに行き「排便する習慣をつける」

便意がなくても、朝食後などの決まった時間にトイレに座る習慣をつけましょう。自然な排便リズムをつけるのに役立ちます。また、少しでも便意を感じたら、我慢せずすぐにトイレに行きましょう。

改善法4:体を動かすことで「腸のぜん動運動を促す」

運動不足は便秘を引き起こしたり、悪化させたりすると言われています。軽いウォーキングやゆったりと行う柔軟体操などで適度に体を動かし、腸のぜん動運動を促しましょう。

悪化する前に医師に相談を

ここまでで紹介した生活習慣を守っていても、便秘がちでなかなか改善しない場合は、あまり我慢せずに妊婦健診の時などに医療機関で相談してみましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.