子育て情報『離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選』

2020年9月29日 14:23

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

欧米では、ブレンダーという名称が一般的です。ブレンダーには、台座があるパワフルな据え置きタイプか、片手で使えて場所を取らないハンディタイプ(ハンドブレンダー)の2種類がありますが、近年ではコンパクトに収納できて使い勝手のいいハンドブレンダーが離乳食作りの定番になっています。

参考までに、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

パワフルで大量に作れる据え置きタイプ

843259070


<メリット>
●パワフルで、なめらかに仕上がる。
●ボタンを押すだけでOKなので、簡単。また、連続して使える。
●大量の離乳食作りに向いているので、たくさん作って冷凍しておくことができる。

<デメリット>
●材料が少量だと空回りするので、ある程度の量の食材を入れないといけない。
●台座があるので、収納場所を取る。
●重くて場所を動かしづらく、調理スペースを取る。

離乳食作りにはコレ!使い勝手がいいハンドブレンダー

186872166


<メリット>
●食材が入った鍋やボウルに直接入れて使える。金属製のアタッチメントなら熱に強く、食材が熱いままでも撹拌できて便利。
●ミキサータイプと比べてキッチンの調理スペースを取らず、収納場所もコンパクトで済む。
●片手で使える大きさで、女性でも扱いやすい。

<デメリット>
●少量の調理に向いているので、大量の食材を調理するのには向いていない。
●長時間使用すると本体が熱くなってしまうので、連続稼働時間が1分~3分ほどしか使えない。また、いったん使用したら次に使うまで30分ほどの待機時間を必要とするモデルもある。

食材を細かくする、フードプロセッサー

973235818

フードプロセッサーが得意なのは、肉や魚をミンチ(すり身)にしたり、野菜をみじん切りにしたりすること。また、こねたり混ぜたりすることもできるので、ハンバーグや肉団子を作る際に重宝するほか、パン生地作りができるモデルもあります。大根などのすりおろし、千切り、スライスなどができる刃が付属しているタイプもあり、料理の下ごしらえに幅広く対応しています。

一方、不得意なのは個体を液状化すること。水分が多い状態でスイッチを入れると、食材の投入口から液体が吹き出してしまうこともあります。

食材の水分だけを分離する、ジューサー

1140074325


100%ジュースを作るのに便利なのが、ジューサー。果物や野菜などの食材を絞り、繊維質と液体を分離してくれます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.