子育て情報『離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選』

2020年9月29日 14:23

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

食材の繊維が入ったままのミキサーやブレンダーと違い、サラッとした舌触りのジュースができあがるのが特徴です。

一方で、ミキサーのように食材の繊維を残してペーストにしたり、フードプロセッサーのように刻んだりこねたりする作業はできません。

ハンドブレンダーのメリット、気を付けたいポイントは?

1026198290


ハンドブレンダーの最大魅力は、何と言っても食材を簡単に撹拌できること。「つぶす」「混ぜる」ことが得意で、離乳食作りで手間がかかる野菜のペーストも、ハンドブレンダーなら十数秒であっという間に完成します。さらに離乳食だけでなく、料理の下ごしらえやポタージュ、お菓子作りなど、普段の料理でも活躍してくれるから、1台持っておくと料理の幅が広がります。

そのほかにも、ミキサーやフードプロセッサーに比べて小型で使い勝手がいい点、鍋の中に直接入れて使えて調理の効率がいい点などが評価されていて、「出しやすい」「使いやすい」「洗いやすい」の3拍子が揃った万能アイテムと言えるでしょう。

気をつけたいポイントとしては、ミキサーよりは「つぶす」機能が、フードプロセッサーよりは「刻む」機能が劣っている点。一度にたくさんの量を撹拌できない点も、人によってはデメリットに感じるかもしれません。

また、刃がむき出しになっているので、手をケガしてしまう可能性があることも頭に入れておきましょう。特に、小さい子どもと一緒に料理をする際は注意が必要です。

ハンドブレンダーの選び方

市販のハンドブレンダーには、さまざまなタイプのものが売られています。ママが使いやすい一台に出会えるように、購入前にいくつかのポイントをチェックしておきましょう。

アタッチメントの材質は金属かプラスチックか

ハンドブレンダーの先端は2種類あり、ステンレスなどの金属製のものかプラスチック製のもの
があります。

金属製のものは熱に強く、熱いままの食材にも使えたり、煮沸消毒できたりするのが魅力。一方で、プラスチックよりも重く、鍋やボウルを傷つける可能性があるのがデメリットです。プラスチック製よりも頑丈で耐久性が高いぶん、値が張る製品が多いのも特徴。

プラスチックは軽量で扱いやすく、鍋やボウルを傷つけにくいのが特徴ですが、耐熱性がないため食材がある程度の温度まで冷めるまで待つ必要があります。また、使っているうちにどうしても経年劣化で亀裂が入ってしまうケースも。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.