子育て情報『離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選』

2020年9月29日 14:23

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

アタッチメントには、「こねベラ」が付属していて、パンやピザ、ケーキなどの生地も簡単にこねることができるから、子どものおやつ作りにも便利。安全面でも、「チャイルドセーフティロック機能」によって誤作動を防いでくれるので、安心して長く使うことができますよ。

クイジナートスリム&ライト マルチハンドブレンダー HB-500BKJ

ブレンダー部門で1位を獲得した、商品テスト雑誌お墨付のブレンダー

商品テスト雑誌『LDK』が主催する、「LDK OF THE YEAR 2019」のブレンダー部門で、1位に輝いたブレンダーです。540gと軽量でスリムな形状ですが、見た目に反してパワフル。ブレードが最大で毎分16,000回転するから、野菜のペーストがスピーディでなめらかに仕上がります。アタッチメントは、「つぶす」「混ぜる」ができる基本のブレンダーのほか、「刻む」ができるチョッパー、「泡立てる」ができるビーターの3つで、シンプルな構成ながらも料理にもしっかり使えるのが魅力です。

アイリスオーヤマハンドブレンダーセット IHB-602

専用スタンドでコンパクトに収納可能

生活用品や家電を企画・製造・販売している日本メーカー「アイリスオーヤマ」のブレンダーは、専用のスタンドを使用してスッキリ収納できるのが特徴。サイズもコンパクトで、キッチンの収納場所があまり取れない人におすすめです。「つぶす」「混ぜる」のほかに、チョッパーが付いていて「刻む」作業もOK。低速から高速まで調理スピードがダイヤルで調整できるので、実際に目で見ながらお好みのなめらかさにすることができ、離乳食作りにもぴったり。コードの長さが1.7mと、ほかの商品と比べて長めなので、キッチンからコンセントが遠いご家庭にもおすすめです。

パナソニックハンドブレンダー MX-S102

誤作動を防ぎ、安全性を重視したアイテム

日本大手の電機機器ブランド「パナソニック」のブレンダーは、「ダブルアクションスイッチ」を搭載し、ロック解除ボタンと運転ボタンの2つを同時に押すことで操作ができる仕組みを採用。誤作動を防ぎ、小さな子どもがいる家庭も安心して使えるのが魅力です。また、モーターの温度上昇時に自動で運転がストップする「モーター保護装置」も搭載されていて、故障しづらいのもポイント。

肝心のブレンダー機能としては、「つぶす」「混ぜる」に特化し、パナソニック独自の4枚刃が野菜や果物の繊維質をしっかりカット。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.