子育て情報『【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法』

【医師監修】妊娠後期に起こる息苦しい原因と5つの対処法

「座っていても苦しい」ときは?

目次

・「座っていても苦しい」ときは?
・苦しくなる原因はさまざま
・①子宮の増大やホルモン変化により、浅い呼吸になったり呼吸数が増えるから
・②鉄分が不足して酸素の運搬能低下
・③大きな子宮が胃など消化器を圧迫する
・ラクな姿勢で深呼吸!
・「寝苦しくて睡眠不足」のときは?
・寝返りがうてないのも原因の1つ
・ラクな寝姿勢を見つけよう
・「シムスの体位」のやり方
・「食べると苦しい」ときは?
・消化機能の低下や逆流が原因に
・なるべく「優雅なお食事タイム」を
・「洋服で締め付けられて苦しい」ときは
・締め付けNG
・ラクラクを極めよう
・「不安で苦しい」ときは
・メンタルの不調から過呼吸になることも
・1人で悩まないで!
・まとめ
1218432579


生活の中で頻繁に行う「座る」という動作。妊娠後期になると、この状態で苦しくなることも少なくありませんが、その場合の原因は複数考えられます。

苦しくなる原因はさまざま

①子宮の増大やホルモン変化により、浅い呼吸になったり呼吸数が増えるから

妊娠後期にもなると、大きくなった子宮が横隔膜を押し上げるため、自然に浅い呼吸(胸式呼吸)になります。また横隔膜が押し上げられることで、肺の体積が小さくなります。そのためハァハァと荒い呼吸になり、息苦しく感じます。

8540


妊娠が進むと呼吸の仕方にも変化が

また、妊娠の進行と共に酸素を必要とする量が増え、ホルモンの作用で自然に呼吸する回数が増えることからも、息苦しく感じるかもしれません。

②鉄分が不足して酸素の運搬能低下

妊娠後期には赤ちゃんへの血流と鉄分供給が増えるので、鉄が不足しやすくなります。鉄欠乏性貧血にもなりやすい状態です。

血液中の「ヘモグロビン」は鉄分を多く含む色素で、おもに全身に酸素を送る役目を果たしています。鉄分が不足するとヘモグロビンも減少し、酸素の運搬能力が低下するので、息苦しさを感じることがあります。

③大きな子宮が胃など消化器を圧迫する

妊娠中は、いつも子宮が胃や腸などの消化器を圧迫していますが、座るとより圧迫感が強くなります。デスクワークなどで上半身が前に傾斜している姿勢(または猫背)では、より強まり、息苦しさや胸苦しさを覚えることもあります。

松峯先生:
「妊娠期間中、特に妊娠後期になるほど息苦しさや胸苦しさを感じる人は増えます。特に妊娠36週ごろには、血液循環量が最大となって貧血状態になりやすいので、息苦しさが強まったと感じるかもしれません。また、妊娠中に適正体重が保てず、肥満が進むと心臓にかかる負担がより大きくなるため、動悸や息切れが強くなり、息苦しく感じることがあります」

ラクな姿勢で深呼吸!

苦しいときは姿勢を変えてみましょう。クッションなどを利用して、自分がラクな姿勢でしばらく休み、静かに、ゆっくり呼吸を!松峯先生:
「座っていて苦しくなったら、吸った息をしっかり吐き切るように意識して深呼吸をしてください。息を吸うときは鼻からお腹に吸うイメージで。吐くときは口をすぼめ、ふーっとできるだけゆっくり、長く吐いてみましょう」

「寝苦しくて睡眠不足」のときは?

妊娠後期には睡眠の質の低下を感じる人も多くなります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.