子育て情報『【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア』

2020年8月25日 17:43

【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア

出産を機に『痔』になる?

目次

・出産を機に『痔』になる?
・そもそも『痔』って?
・どんな病気?
・内痔核
・外痔核
・なぜ痛い?
・どんな治療?
・分娩時に痔が分かったら?
・ホームケアでできること
・まとめ
1165447071


出産を機に痔になる人、症状に気づく人は少なくありません。

妊娠後期には出産に備えて赤ちゃんが下降することで、骨盤の中の血行が悪くなったり腸の動きが邪魔されて、便秘になりやすくなります。便秘になると、排便時に普段以上にいきんでしまうことも影響し、とくに“いぼ痔”と呼ばれる「痔核(じかく)」ができやすくなります。これに加えて分娩のいきみでも痔核はできます。

こうした理由で、産後には痔と付き合うことになる人が多くなります。痔の診療ガイドラインにも、発症のきっかけの1つとして「妊娠・出産」が挙げられているほどです[*1]。

松峯先生:
「分娩の際に、肛門の内側にあった痔核が出てきたり(脱出症状)、刺激を受けて腫れがひどくなったりするので、違和感や痛みが強くなり、出産前は気にならなかった人も痔に気づくことが珍しくありません」
また、頑固な便秘によって硬くなった便が肛門を傷つけるなどしてできる“切れ痔(裂肛)”に悩む人もいます。

そもそも『痔』って?

痔には3つのタイプがあり、いずれも腫れや痛み、出血を伴うなどして生活の質に影響する病気です。

どんな病気?

3つのタイプとは、さきほど紹介した、「いぼ痔」、「切れ痔」に加え、肛門に膿のトンネルができる「痔ろう」です。これらのうち、妊娠・出産と関係することが多いのは「いぼ痔」です。

「いぼ痔」の原因は、いきみや何かの刺激などにより直腸や肛門付近の血流が悪くなり、そこがいぼ状に腫れてしまうことだと言われています。先にも述べた通り、妊娠後期には血流悪化や便秘といった負の条件がそろってしまうことが多いわけです。

いぼ痔にも2種あり、肛門の内側にある「歯状線」という場所を挟んで肛門の内側にできると「内痔核(ないじかく)」、外側にできると「外痔核(がいじかく)」と呼ばれます。

内痔核

痛みはほとんどないものの、排便のときに出血する場合があります。肛門に圧力がかかると痔核が肛門の外に飛び出すことがあり、こうなると痛みも生じるようになります。

外痔核

強い痛みがあります。炎症を起こすと腫れが悪化し、血のかたまりができて大きな腫れを引き起こし、さらに強く痛みます。

なぜ痛い?

肛門の外側の皮膚には痛みを感じる神経がたくさん集まっています。そのため、内痔核が飛び出たり、神経が通っている場所に外痔核ができると、強い痛みが生じます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.