子育て情報『【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点』

2020年8月13日 17:06

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

そもそも、くしゃみはなぜ出るの?

目次

・そもそも、くしゃみはなぜ出るの?
・異物を吸い込まないようにするために出る
・赤ちゃんはくしゃみが出やすい?
・新生児~生後2ヶ月までは特に出やすい
・赤ちゃんのくしゃみの原因
・赤ちゃんのくしゃみ、チェック事項・受診の目安
・まずチェックすること
・赤ちゃんについて
・環境について
・こんなときは受診を
・赤ちゃんのくしゃみ、アレルギーの可能性は?
・「くしゃみ=アレルギー」というわけではない
・まとめ
1098253888


まずは、「くしゃみ」は体にとってどんな意味があるのか、というところから考えていきましょう。

異物を吸い込まないようにするために出る

くしゃみは、「空気中のゴミやウイルスなどが肺に入ることを防ぐ体の防御反応」です。

鼻はにおいを感じ、呼吸をする器官ですが、同時に空気中のホコリやウイルスなどが体に侵入するのを防ぐフィルターのような役割や、体に入る空気の湿度や温度を調節する役割もはたしています。こうして肺に負担がかからないように守っているのです。

鼻の粘膜にホコリやウイルスなどがつくと、その刺激が神経を通じて呼吸に使われる筋肉に伝わります。そして筋肉を緊張させ、その緊張がピークに達すると空気が吸い込まれ、緊張が一気に緩んで強く押し出されます。これが「くしゃみ」です。くしゃみが出るしくみは、大人も赤ちゃんも変わりません。

赤ちゃんはくしゃみが出やすい?

赤ちゃんはくしゃみが出やすいと言われます。その理由は病気になりやすいからではありません。くしゃみが出るしくみと関わりがあります。

新生児~生後2ヶ月までは特に出やすい

赤ちゃんの粘膜は敏感なので、大人は反応しないようなわずかな刺激でもくしゃみが出ます。特に生後1~2ヶ月の間はその傾向があるようです。また、新生児の鼻の穴は狭いため少しの鼻水でも詰まりやすく、それに刺激されてくしゃみをすることがあります。

赤ちゃんのくしゃみの原因

空気中のホコリなどが鼻の粘膜に触れて刺激になることや鼻づまりの刺激のほかに、冷たい風が入り込むといった温度の変化が原因でくしゃみをすることもあります。

赤ちゃんのくしゃみ、チェック事項・受診の目安

赤ちゃんはくしゃみが出やすいとはいえ、続けて何度も出るようなときは心配になりますね。くしゃみが出るときにチェックしておきたいことと、受診の目安を確認しておきましょう。

まずチェックすること

赤ちゃんのくしゃみが気になるときは、まず次のことをチェックしてみましょう。

赤ちゃんについて

・発熱しているか
・咳は出ているか
・鼻水は出ているか、鼻づまりがあるか
・機嫌や食欲はどうか

環境について

・室温が下がっていないか
・室内がホコリっぽくないか

以上を確認して、環境に問題がありそうなときは、温度調節をする、赤ちゃんを別の部屋に移して掃除をするなどの対応を。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.